すばらしきこのせかい アニメ

【すばらしきこのせかい3話】(すばせかアニメ)『消滅』するのは誰?ネタバレ感想とあらすじ

\ 【すばらしきこのせかい】はU-NEXTで全話無料配信 /

配信サービス 無料トライアル

月額2,189円(税込)

最速配信

31日間無料

視聴可

月額960円(税込)

234×60

2週間無料

視聴可

 

ライム・ビイト組と協力する事になったネクとシキ。

行く手を阻むのはヤシロ&カリヤの死神達。

そして幹部であるキタニジも現れて・・・。

今回は【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)3話】(4月23日放送分)のネタバレ感想ストーリーをお届けします。

 

【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)】の動画を全話見る

U-NEXTにの31日間無料体験に登録する

31日間は【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)】1話から最新話まで無料で動画が見放題

アニメ動画配信数NO.1のU-NEXTで他の作品も無料視聴

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

今すぐ《すばせかアニメ》の動画を無料で全話視聴する

U-NEXTの31日間無料体験に登録する

無料期間中の解約で0円

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)3話あらすじ 『消滅』

 

 

ネクたちと同様、ゲームの参加者であるビイトとライムに会ったネクとシキは、互いに協力してミッションをクリアしよう、と話し合う。

そんな4人に、「タワーレコードにたどりつけ」という、簡単なミッションメールが届く。

しかし、クリア直前の4人に、ヤシロとカリヤが放ったノイズが襲いかかり……

参考:公式

 

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)3話 ネタバレ

 

 

『死神ゲーム』は『参加する死者達が生き返りを賭けたゲーム』だとシキから聞き、記憶の無いネクはそこで初めて自分達が死んでしまっていることを知ることとなった。

シキがエントリー料として自身の本来の姿を対価として支払った様に、ネクの記憶が失われているのはそれが『エントリー料として徴収された』のではないかとシキは言う。

続けて死神ゲームに参加するには『自分にとって一番大切なもの』がとられてしまうとシキは説明する。

記憶が無いことを悩むネクに「7日間残れたら生き返ってエントリー料も戻ってくるから」とシキは励ます。

 

 

ハチ公前にネク・シキ・ビイト・ライムのいつものメンバーが集まったところで『タワーレコードへたどり着け』というミッションが届く。

『タワレコへは徒歩10分程度、時間制限も無し』というあまりの簡単さに訝しむシキとライムではあったが、特に妨害も無くタワーレコード前に着くことが出来た4人。

先に着いたビイトが他のメンバーを呼び込むその足下に、死神が放ったサメ型のノイズが顎を広げようとしていた。

それにいち早く気づいたライムがビイトを突き飛ばして逃がし、代わりにサメの餌食となり光の泡となって消えてしまう。

 

 

そんな一行の前に現れた2人の死神、ヤシロとカリヤに対し怒気を孕んだ声で「ライムはどこだよ?」と尋ねるビイト。

ヤシロはあざ笑うようにライムが消滅したことを告げ、カリヤは更にビイトを煽って挑発する。

激昂したビイトは、カリヤを殴りつけようとするが空を飛べる死神にはかすりもしなかった。

そして死神達はいつものように自分たちが直接手を下せないことを理由に、呼び出したノイズにネク達の始末を任せて立ち去ってしまう。

自暴自棄となったビイトは『ライムの仇だ』とサメ型ノイズへ挑もうとするが、再び現れた無精髭の男『ハネコマ』によって制止されてしまう。

パートナーがいなくなったビイトはノイズを倒せない身となり、また残り数分で消えてしまうことから無駄だと諭すハネコマ。

 

 

どうせ消えるならノイズに挑んで…と考えるビイトに対し「諦めるな、俺が何とかする」とハネコマが説得する。

その言葉にビイトは希望を見出したのか、ネクとシキの二人にライムの仇討ちを頼みハネコマとその場を離れることとなる。

サメのノイズは、同じく周囲に現れた魚群のノイズを喰らうことで成長、強力になっていると推察したネクとシキの二人は周囲の魚群から倒し始める。

さほど苦もなく魚群を倒した二人は、協力技を使って無事サメのノイズを倒しライムの仇を討つことが出来たのであった。

 

 

そして迎える最後の日、下されたミッションは『首都高にいるゲームマスターを倒す』こと。

ゲームに勝って生き返るため首都高へ向かおうとする二人に、ハネコマから電話がかかってきて『ビイトがいなくなってしまった』と告げられる。

そして『ゲームをクリアすれば、死神がビイトを倒す理由がなくなるから一刻も早くクリアして欲しい』と二人に頼むハネコマ。

自分たちに肩入れするハネコマにその理由を尋ねるネクだったが、ハネコマは答えることなく電話を切ってしまう。

二人は生き返りを賭け、そしてビイトを消滅させないため、急いでゲームマスターである『ヒガシザワ』の待つ場所へ向かうこととなった。

 

 

その頃男女二人の死神ヤシロとカリヤはファーストフード店の店員から注文したホットドッグを受け取って、食べようとしていたところだった。

O-EASTにいた777がそうだったように、どうやらリアルグラウンドの人達からは死神達は認識され、違う世界にいるにもかかわらず意思の疎通が出来るようだ。

そしてヤシロが最終日には死神はやることがないこと、結局ネク達を倒すことが出来なかったとカリヤ相手に愚痴をこぼしているところに現れたのは、なんといなくなったはずのビイトだった。

一方首都高へ向かうネクとシキ。

シキは自分が変わるキッカケをネクがくれたこと、7日目まで生き残れたことに対しネクへ感謝の言葉を述べる。

そして無事生き返ったあかつきにはまた皆で会うことを、元の姿でも気づけるようにぬいぐるみの『にゃんタン』を持っていくと言い、ネクも必ず見つけると約束するのだった。

 

 

到着した首都高で待っていたゲームマスターのヒガシザワは、以前と比べたシキの変わり様を指摘し挑発してくる。

しかしシキは以前のようにその挑発におびえ苦しむことは無かった。

この世界でネクと一緒に戦ううちに、自身の中にある葛藤を正面から受け止められる強さをシキは身に付けていたのだった。

挑発に効果が無いと判断したヒガシザワは巨大な牛の化け物に変化し、大きな体での強力な一撃と雷による攻撃で二人を苦しめる。

だが7日間で幾たびの苦難を乗り越えたシキはにゃんタンを使って攻防を、ネクは炎・氷・雷を巧みに操りヒガシザワ…ゲームマスターを倒すことに成功する。

 

 

気がつけば二人は真っ白な空間に飛ばされていた。

そこに『キタニジ』という男が現れ「今回の死神ゲームで生き返ることが出来るのは1名だ」と、二人に残酷な事実を告げてきた。

また生き返るには審査に受かる必要があり『今回審査に受かったのは己と向き合い、弱さを克服できたミサキシキだ』と宣言する。

シキはネクこそ自分より成長していると擁護するが、決定は覆らないようだ。

互いをかばい合う二人に、今回生き返れなかった方が再びゲームに参加することを提案してくるキタニジ。

さらに破壊を好むのであれば、死神として参加できるとも説明してくる。

もちろんネクはその提案を一蹴し『シキを生き返らせ、自分は再び死神ゲームにプレイヤーとして参加することで生き返る』と宣言する。

その直後シキの体が光の泡になって消え去ってしまった。

 

 

何が起こったのかを尋ねるネクに、キタニジは『2回目の死神ゲームに参加するエントリー料を徴収した』と告げる。

ネクはシキから聞いた『死神ゲームに参加するには自身の一番大切なものを対価として支払う必要がある』という条件を思い出す。

パートナーがシキだったからこそゲームをクリアすることが出来た。

ネクが変わることができたのも、シキが離れずそばにいてくれたからなのだ。

いつしかミサキシキは、ネクにとって『一番大切な存在』へ変わっていたのだ。

再び死神ゲームへ参加する対価として徴収されてしまったシキ…助けようとした相手を生き返らせることが出来なかったネクは自らの決断に打ちのめされることとなった。

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)3話 感想

 

死神ゲームに勝ってもそう易々と生き返らせてはくれないだろうと思っていましたが『ネクの決断が大事なものを失わせる』という展開に「そう来たかぁ」と唸ってしまいました。

今までの展開の早さも、おそらくこれから死神ゲームを何周かすることになるだろうことを考えれば納得できるものですが、物語をじっくりと描くのであれば最低2クールは欲しかったと思いますね。

BDならまだしも、まさかDVD上下巻に24話(2クール)も入れないですよね?

話を戻して…アニメの展開が早すぎるせいか、ネクは『自身が死んでいるという事実』よりも『記憶が無いこと』の方を深く悩んでいるように見えました。

『前回の終わりに大きなショックを受けたような感じだったのは何だったのか?』というぐらいあっさりしています。

あと再びペルソナアニメとの比較になりますが、ヒガシザワとの戦闘でネクは炎・氷・雷属性をまんべんなく使用しているんですよね。

ペルソナ4のアニメでは一応、ボス戦時は原作ゲームの弱点属性を突く形で攻撃を放っていて「丁寧に作られているなぁ」と感心しましたが、そもそもすばせかのゲーム版自体に、FFの様な弱点属性という概念がないのでしょうか?(近距離耐性と遠距離耐性はあるようなのですが…)

他にも…ネクが記憶を、そして今回うっすら描かれていたビイトとライムがエントリー料として失ったものに関しては、その理由もおおむね推察・納得できる様に思います。

ですがシキについては『自分が一番大事だと思っていたから自身の姿を失った』というのはちょっと説得力が無かったように感じます。

『自分可愛さ』という言葉は『自分が一番大事』という意味で、容姿のことを指しているわけではないですし、シキ自身は嫉妬するほど憧れている『エリの姿になれて嬉しかった』とも発言しています。

自分可愛さ(自身が傷つきたくない≒心の安寧)をエントリー料として支払うのであれば、それは『物理的な容姿』ではなく『精神的な何か』であるハズなのです。

アニメというよりは原作ゲーム寄りで、かつ重箱の隅をつつくような指摘になってしまいましたが、参加者の心を折りに来るようなイジワルな展開、それをどう主人公達が打破していくのか…今後の展開が楽しみです。

原作ゲームを未プレイなことで、結末を知らずにアニメを楽しめそうだと感じたのは思わぬ収穫でした。

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)4話 展開予想

すばせかの駆け足的な展開、BDやDVDが上下2巻しかないことから『2クールはない』というのはほぼ確定です。

そこからメタ的な視点で予想するなら1クール12話として、3話で死神ゲームが一旦終わったということは、今後9話で2~3周は死神ゲームが続くのではないかと予測できます。

次回の気になる展開については、シキが消えてしまった今、次の周回のパートナーが誰になるかでしょう。

死神ゲームで戦う力を得て生き残るにはパートナーが必要で、今まで出てきた中で協力的でパートナーとなり得る人物は『ビイト』『ハネコマ』『大型ビジョンを見上げる人々から出た黒い影を倒した正体不明の人』といったところでしょうか。

ですが視聴者が認識していない人が重要な立ち位置に入ってくるというのは、ミステリーもののお話ではあり得ないので正体不明の人は除いて、実際は『ビイト』か『ハネコマ』のどちらかが次回死神ゲームでのネクのパートナーになるのではないかと予想しています。

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ) 全話のネタバレ感想を紹介

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話

 

【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)】の動画を全話見る

U-NEXTにの31日間無料体験に登録する

31日間は【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)】1話から最新話まで無料で動画が見放題

アニメ動画配信数NO.1のU-NEXTで他の作品も無料視聴

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

今すぐ《すばせかアニメ》の動画を無料で全話視聴する

U-NEXTの31日間無料体験に登録する

無料期間中の解約で0円

----------------------------------------------------------------------
本ページの情報は21年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

読んでほしい記事

-すばらしきこのせかい, アニメ

© 2021 animercy アニメルシー