すばらしきこのせかい アニメ

【すばらしきこのせかい1話】(すばせかアニメ)始まるデスゲーム。ネタバレ感想とあらすじ『死神ゲーム』

 

 

ゲーム原作のアニメが深夜枠に降臨。

ゲーム通りのシナリオが進むのか、それともオリジナル展開なのか・・・注目の1話です。

今回は【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)1話】(4月9日放送分)のネタバレ感想ストーリーをお届けします。

 

【すばせか】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初月31日間無料

【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)】の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)1話あらすじ 『死神ゲーム』

 

 

シブヤのスクランブル交差点で目を覚ました主人公・ネク。
そこは、シブヤと重なりあう異なる次元、UG(アンダーグラウンド)だった。
突如スマートフォンに届いたミッションメール。
「104にたどりつけ。できなかったら消滅」
訳がわからず困惑するネクに、謎の敵・ノイズが襲いかかる。
参考:公式

 

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)1話 ネタバレ

 

一人の少年が交差点の中で目を覚ます。

そこが何処なのか、自分が何故こんな所に倒れていたのか一切の記憶がない。

そして手の中には黒い缶バッジが二つ。

戸惑う少年を余所に周りの人々や車は少年の体をすり抜けていく。

どうやら周りの人々には少年の姿が見えていないようであった。

少年のスマートフォンに「104にたどりつけ 制限時間は60分 できなかったら消滅 死神より」と書かれた一通のメールが届く。

それを読んだ瞬間、右手に数字が浮かび上がりカウントダウンが始まった。

 

 

辺りを見回すと自分同様右手に数字がでた人がいたようで、それと同時に蛙の化け物が辺り一面に現れた。

蛙の攻撃を受けた人は光の泡になり消滅、少年はあわやというところで見知らぬ少女に助けられる。

少女は切羽詰まった様子で「私と契約して」と伝えてきた。

状況を把握できずにいる少年だったが、この場を切り抜けるには事情を知っていそうな少女に頼るしかないと判断、契約することを承諾した。

少女によると『このパートナー契約をすることで、攻撃ができる』とのことだった。

少女は早速得た念動力の様な力でぬいぐるみを操り、周りの蛙を撃退していく。

少年が『俺は消えたくない!』その思いを蛙へぶつけると、蛙は炎で焼き消された。

 

「君…サイキック使うの上手ね」先ほどパートナー契約をした少女が声を掛けてきた。

少女は自分たちに現れたこの力は『サイキック』で襲ってきた蛙たちは『ノイズ』と呼ばれる存在だと説明し、最後に『美咲四季(ミサキ シキ)』と自分の名前を名乗った。

どうやら美咲四季…シキはこの世界のルールや仕組みに詳しいようだった。

対して少年は自身の名前が『ネク』であることしか覚えておらず、それが姓なのか名なのかすら思い出せない。

シキが言うには制限時間までに指定された『渋谷104(109にあたる場所)』へたどり着けばミッションクリアだということらしい。

時間内にたどり着けなかったり先ほどの蛙のような『ノイズ』にやられると消えてしまうとシキは説明する。

続けて自分たちは『死神ゲーム』の参加者で、7日間生き抜かないと消滅してしまうともネクに語った。

 

そんなネクとシキを高所から観察する男女二人がいた。

背中からは悪魔のような羽が生えており、あからさまに怪しさを感じる。

一方ネクとシキの二人は無事104にたどり着くことができ、手の中のタイマーが消えて安心するも、先ほど二人を観察していた者達が舞い降りる。

二人は死神だと名乗り、このゲームに参加する者を消せば消すほど出世できると二人に語る。

その瞬間ネクの意識は強いノイズのような物にかき乱され気を失った。

 

 

気がつけば最初に倒れていた交差点に戻され、そこでネクが起きるまで待っていたシキと再び出会う。

シキが言うにはゲームは二日目に進んでいるとのこと。

ネクは事情に詳しいシキにこの世界に関して知っていることを全部教えろと頼むが、シキが言うにはゲームに参加する時に全て説明されたという。

だがネクにはその記憶がない。

シキは渋谷に似たこの場所は『アンダーグラウンド』と呼ばれる場所で、町を行き交う人々は『リアルグラウンド』という場所にいて、ネクやシキの姿は見えず声も聞こえない。

ただネクらが彼らの体の中に触れる…『スキャン』を行うことで、彼らの心を読むことができると説明した。

そんな中、ネクとシキに気がつき近づいてくる二人組がいた。

片方は『ビイト』といい、ネク達に因縁を付けてくるがもう一人の『ライム』がビイトを止め、シキが参加者を示す缶バッジを見せることで誤解を解くことができた。

 

再びスマートフォンに「像の呪いを解除しろ。できなかったら消滅」というミッションが届く。

直後に忠犬ハチ公像から犬を模したノイズが出現、それを見たネクは飛び出しサイキックを使って一人でノイズを相手にしようとする。

シキの制止やビイトの注意も聞かず「会ったばかりの他人に干渉されるのはゴメンだ!」とあくまで一人で敵を倒そうとするネク。

実はネクは負の感情を持ったことにより、ノイズに取り憑かれ暴走し始めていたのだ。

しかし鬱憤を晴らすかのように力を解放した結果、犬型ノイズ達を一掃しミッションをクリアすることができた。

 

 

そこへ昨日の死神達が再び現れる。

死神との問答でネクの本名が『桜庭音操(サクラバ ネク)』であることが判明、さらに女性の死神はシキを殺したらゲームから解放してやるとの誘いをかけた。

その言葉に操られるかのようにネクは自我を失いサイキックでシキの首を締め上げるが、そこへグラサン無精髭の怪しい男が止めに入った。

その男は『ミッションは1日1つ、ゲームマスターしか出せず、参加者に手を出すのは最後の7日目だけのはずだ』と女死神のルール破りを指摘し膠着を打開。

だがネクはその直後に意識を失い、再び元の場所で目覚めることとなる。

 

目が覚めたところにシキが現れネクは自分がシキにしたことを謝るが、シキの方はそれほど気にしてはいないようだった。

そこへ次のミッションが提示され、倒すべき敵の待つライブハウス『O-EAST(オーイースト)』へ向かうこととなった。

その途中ノイズに取り憑かれている人間に出会う。

それを放っておけないと言うシキと一緒に戦い、偶然協力技を放つことで取り憑いていたノイズを倒すことができた。

実はその人物はO-EASTの関係者で、目的地まで案内してもらえることに。

O-EASTにつくとバンド『デスマーチ』のボーカル『777(スリーセブン)』がそこにいた。

どうやら助けた男は777の知り合いだったようだ。

知り合いを助けたお礼にと憧れの人物777からバッジをもらったシキは望外の喜びをかみしめる。

 

777の誘いでO-EASTに入ることができたネクとシキは、多数のこうもり形ノイズと倒すべき主と思われるノイズと対面する。

駆けつけたビイトとライムがおとりになってくれる間、ネクとシキは先ほど男を助けた時のように、互いに心と動きを一つにして技を放ち目的の主を倒すことに成功した。

無事ミッションを乗り越えたシキは、今後は4人でミッションに臨もうと提案する。

渋るビイトと無言のネクだったが、ハチ公前で会った(シキ曰く)不思議なおじさんの言葉を根拠にシキが説得、結果今後は4人で協力しあうこととなった。

 

場面は怪しげなバー。

そこではゲームマスターとみられる男やゲームを操っていると思われる男女が今後の相談をしていた。

どうやら単純にミッションをクリアしていけば死神ゲームから解放される…という訳では無さそうだ。

 

その後O-EASTからの帰り道、シキがふと「777さん達ってなんで私達が見えたんだろう?」という疑問を口にする。

それに対してネクは分かりきっていたかのように「あいつらが死神だからだ」だと答えるのであった。

 

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)1話 感想

 

 

原作のゲームは好評だと聞いていたのですが、未プレイだったのでアニメを楽しみにしていました。

(CMでSwitchにてリメイク版が発売済みだったことを初めて知りました…DSで2画面を使った独特の戦闘システムをどう再現したのか少し気になります)

しかし1話目を見る限り世界設定の詳細・キャラクターが行動する際の動機付け部分の描写が足りないように感じました。

原作の評判からするともっと作り込んだ世界観になっていると思われるので、アニメ化に際し細かい点を大幅にカットしているものと思われます。

 

個人的にはアニメ版ペルソナ5にペルソナ3やペルソナ4並みの出来を期待していたら、心理や動機の描写不足で物足りなさを感じ、がっかりしたことを思い出しました。

原作ゲームを未履修かつ1話だけの感想ですが『すばらしきこのせかい The Animation』もペルソナ5と同様、アニメ化に際しピックアップすべき場所を間違えているか足りないように感じました。

例えば2回目のミッション『像の呪いを解除しろ』ですが『どうしたら解除になるのか』について一切説明がないのです。(ゲーム版も同様でしたらゴメンなさい)

像を壊したら解除なのか、壊さずに何かのフラグを立てるのか、呪いの解除方法について試行錯誤することなく、ネクが一方的に出現した犬のようなノイズを倒すことでクリアとなっています。

葛藤や試行錯誤がないので、解決した時の開放感やカタルシスを感じないのですよ。

7日ある死神ゲームの3日分を第1話に詰め込んだため情報量が多くなりすぎ、これ以上説明を入れられなかったというのが真相かも知れません。

 

話数の制限でゲームの長い物語をアニメに落とし込むのは難しく、結果ゲームに比べて面白さを伝えきれないアニメが量産されがちですが、ペルソナ3や4のアニメのように描くべき場所の取捨選択を間違えなければ、ちゃんと面白いアニメになるのは証明されています。

…劇場版で4部作に分けるとかテレビなら2クール分確保するというのが条件かもしれませんが。

アニメ『すばせか』も今後面白くなっていくことを期待したいですね。

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)2話 展開予想

 

次回はネクが所持していたものやシキが777からもらったバッジが、どう役に立つのかについてなど、死神ゲームの設定やシステムについて彼らが実践したり試行錯誤する様子が描かれるだろうと予想しています。

ミッションの消化ももちろんですが、死神達の暗躍、ゲームシステムからの協力技、スキャンをすることでどうミッションをクリアしていくのかなど、ゲームにあった世界設定やゲームシステムのチュートリアルを、アニメに落とし込んだ形で解説するような回になると思われます

ゲームの初期でなされるチュートリアル全てをアニメで説明しようとするとテンポが悪くなるので、ピックアップする形にはなると思いますが…。

 

また最初の内に世界観や設定、重要な伏線となるアイテムの存在などを開示しておかないと、一部の視聴者が置いてきぼりになる可能性が高くなるという前例もあります。

例えばゲームでもアニメでもそういったものを一切説明せず、あげく前提をひっくり返したりもした『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』という作品がありましたが、予想通り一部の視聴者が置いてきぼりにされるだけでなく、ゲーム好きやミステリー作品好きからは説得力に欠けると批判を浴びましたからね。

 

 

すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)1話 全話のネタバレ感想を紹介

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話

 

 

【すばらしきこのせかい(すばせかアニメ)】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初月31日間無料

【すばせかアニメ】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

【すばせかアニメ】の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

----------------------------------------------------------------------
本ページの情報は21年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

読んでほしい記事

-すばらしきこのせかい, アニメ

© 2021 animercy アニメルシー