アニメ スライム300

【スライム倒して300年1話】ネタバレ感想とあらすじ『レベルMAXになっていた』

 

 

転生したらスライムだった件】はスライムが最強の魔王になある話。

今作はそのスライムを倒し続け、レベルがカンストしてしまったという話です。

究極のチリツモストーリーの【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました1話】(4月10日放送分)のネタバレ感想ストーリーをお届けします。

 

【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初月31日間無料

【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました】の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

 

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました1話あらすじ 『レベルMAXになっていた』

 

 

働きすぎで過労死してしまった社畜OL・相沢梓は、(前世の反省を活かし)転生した異世界で永遠のスローライフを満喫することにする。
しかし――それから300年後。生計の足しに毎日倒し続けたスライムの経験値で、いつの間にか【レベル99=世界最強】になっていることが発覚。
その噂は広まり、次々トラブルが舞い込んできて……!?
参考:公式

 

過労死した社畜女性が転生時にお願いしたのは「のんびりスローライフ」。

果たしてその願いは叶うのでしょうか?

それではみていきましょう。

 

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました1話 ネタバレ

 

相沢梓(27歳)は仕事漬けの日々を送る社畜OL。

その無理がたたって過労死しました。

すると梓の目の前に若い女性が立っており、来世で幸せな生活を送れるよう願いを聞いてくれると言います。

梓が不老不死と高原の家でスローライフを送りたいと伝えると、女性は願いを聞き入れてくれました。

17歳という若さまでおまけにつけて。

こうして梓は異世界へと転生するのでした。

 

 

転生した梓の前には広大な高原が広がっていました。

周囲を見渡すと一軒家があり、「欲しい人がいたら差し上げます」というボードが立てかけられています。

先程の女性が用意してくれたんだな・・と感じ、梓はこの家で住む事に。

鏡で自分の姿が別人になっている事に気付き、生まれ変わった事を理解します。

それに伴いアズサ・アイザワと名乗る事に決めるのでした。

 

 

一軒家周辺の確認をしていると、遠くに村を見つけます。

村へ向かっている途中にスライムと出くわしますが、これを無事撃破。

ドロップアイテムを回収し、村へと入ります。

村の名前はフラタ村といい、のどかで平和な所でした。

冒険者ギルドでドロップアイテムを売ろうとすると、換金には冒険者登録が必要との事。

アズサは冒険者登録を済ませて換金し、必要な物を購入。

一軒家に戻るとアズサは念願のスローライフを始めます。

畑の手入れを行ったり、体を動かしたい時はスライムを倒したり。

貴重な収入源なので毎日25匹以上は倒す事をノルマにして。

近くの森に入っては薬草を採取して薬を作ったり。

こうして念願の悠々自適ライフを過ごしているうちに300年の時が経過していたのでした。

 

アズサは村人から「高原の魔女」と呼ばれて慕われるようになっていました。

いつものように冒険者ギルドで換金して帰ろうとすると、ギルド職員のナタリーから「一度ステータスを見せてもらえませんか?」とお願いされます。

計測してみると、なんとアズサはlv99!

ステータスも大変な数値になっていて、魔法やスキルも色々と覚えていました。

「魔女様マジ強すぎです!」とナタリーは浮かれていましたが、アズサは噂が広がるとスローライフを送れなくなる!?と不安に感じます。

そこでアズサはナタリーに口外しないように伝え、家へ帰るのでした。

残念ながら近くにた冒険者エルンストが周囲に広めていくんですけどね。

 

 

色んな魔法を使うようになって日常生活は便利になり、スローライフを送っていると冒険者パーティーが訪ねてきました。

その目的は腕試し。

アズサはlv99!という噂が広まっていたのです。

戦いを避けようとしますが、冒険者チームの魔法使いから只者ではないと見抜かれてしまいます。

こうしてアズサvs冒険者チームの戦いが始まり、結果はアズサの圧勝。

この時に使った竜巻の魔法は村まで見えており、さらにアズサ最強!の噂は広まっていきます。

そして次にアズサの家を訪ねてきたのはレッドドラゴンでした。

 

レッドドラゴンの目的も腕試し。

アズサ最強の噂を聞きつけてきたのでした。

こうしてアズサvsレッドドラゴンの戦いが始まります。

レッドドラゴンのブレスをアズサは魔法で防ぎ、レッドドラゴンの顔を凍らせました。

余りの冷たさにレッドドラゴンは暴れ、アズサの家は半壊。

レッドドラゴンに修理費用を持ってくるよう伝え、アズサは村で泊まる事にします。

翌朝、見知らぬ少女がアズサを訪ねてきました。

その少女は昨日アズサの家を半壊させたレッドドラゴンが人化していた姿だったのです。

レッドドラゴンはライカと名乗り、修理費用をアズサに渡しました。

そしてライカはアズサに弟子入りを志願します。

ライカが料理や洗濯をしてくれるという誘惑に負け、アズサは弟子入りを認めるのでした。

 

 

アズサ達は一軒家まで戻ると、二人で暮らすには手狭だと増築を決意。

するとライカは家を建てられると言い出します。

ライカにお願いしてみると、ライカは材料を取ってきて家を建てていきました。

徹夜で頑張ろうとするライカをアズサは止めます。

「暗くなってるでしょう?これは世界が今日はここまでって言ってる証拠」だと伝えて。

ライカはアズサの気遣いに感激して作業は中断。

家は後日完成し、その出来栄えにアズサは驚くのでした。

 

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました1話 感想

 

スローライフ系の異世界転生アニメが始まったと思いきや、第一話でまさかのlvMAXに!

ファンタジー世界では最強の代名詞ともいれるドラゴンまで倒し、弟子にしてしまうとは。

いきなりの最強展開に驚きました。

 

継続こそ力なり!を体現しているな~と感じました。

何せこれまで倒したモンスターは最弱とされるスライムオンリー。

毎日25匹以上倒す事を心掛けてきたとはいえ、所詮はスライム。

ところがlv99になっていたのですから、驚きです。

ただlv99というだけでなく、恐ろしい程強いですね。

手加減したつもりの魔法ですら竜巻を起こし、レッドドラゴンを凍らせたりと無双状態。

ここまで強いと気持ち良いですね。

 

意外だったのはライカでしょうか。

料理や洗濯が出来るだけでなく、家まで建てられるとは。

凄く有能でした。

ライカが弟子入りした事で、アズサのスローライフが捗りそうですね。

 

 

 

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2話 展開予想

今回アズサの噂が広まり、トラブルを引き起こしました。

噂を聞きつけた冒険者やレッドドラゴンが勝負を挑みにきたわけです。

次回はさらなるトラブルに巻き込まれるのではないでしょうか。

 

恐らくこの世界にも権力者というものがいるでしょう。

フラタ村周辺を支配する領主なり貴族なりがいると思います。

そういった人がアズサの噂を知ったら、アズサを放置してはおけませんよね。

レッドドラゴンを倒すような魔女なら是非部下になって欲しい!と勧誘に来たり。

そんな危険人物、放置はしておけん!と敵対行動をとってきたり。

どちらにせよ、アズサにとってプラスにはならないでしょう。

 

またレッドドラゴンまで噂が広がるぐらいですから、モンスターも襲撃してくるかもしれません。

恐らく次週も色々な人がアズサを訪ねてきて、トラブルを持ち来んで来る事になるのでは?と予想します。

 

 

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 全話のネタバレ感想を紹介

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話

 

 

【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初月31日間無料

【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました】の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

----------------------------------------------------------------------
本ページの情報は21年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

読んでほしい記事

-アニメ, スライム300

© 2021 animercy アニメルシー