アニメ 憂国のモリアーティ2期

【憂国のモリアーティ17話(2期6話)動画】裏帳簿を手に入れた方法とは?ネタバレ感想と考察「スコットランドヤード狂騒曲」

\ 【憂国のモリアーティ】はU-NEXTで全話無料配信 /

配信サービス 配信状況 無料トライアル

月額2,189円(税込)

最速配信

31日間無料

視聴可

 

存在しないはずのジャックザリッパーが逮捕されたことにより冤罪は確定していると考えているレストレード。

パターソンにも協力してもらい主任警部の裏帳簿を探すが、さらに協力者がおり…

今回は【憂国のモリアーティ】第17話についてご紹介します。

そして無料で動画を視聴する方法もご紹介致します!

 

【憂国のモリアーティ】の動画を全話見る

U-NEXTにの31日間無料体験に登録する

31日間は【憂国のモリアーティ】1話から最新話まで無料で動画が見放題

アニメ動画配信数NO.1のU-NEXTで他の作品も無料視聴

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

今すぐ《憂国のモリアーティ》の動画を無料で全話視聴する

U-NEXTの31日間無料体験に登録する

無料期間中の解約で0円

 

【憂国のモリアーティ】 16話 あらすじ

 

ウィリアムたちが収めたはずの「ジャック・ザ・リッパー」事件の犯人が逮捕された!しかし、アータートン主任警部による冤罪を疑ったレストレードは、同僚のパターソンの助言に従い冤罪の証拠となる裏帳簿を探すためにシャーロックを頼ることに。一方、パターソンはボンドと接触し、警察内部への侵入を手引きしていた――

参考:公式

 

 

【憂国のモリアーティ】 17話 ネタバレ

 

 

マイクロフトは以前のジャックザリッパー事件を無事に解決したことについてアルバートを褒めていますが、新たな問題、ヤードが存在しないはずのジャックザリッパーを捕まえたと報道があったことについて話しています。

ウィリアムも予想はしていたので、無実の市民を解放し冤罪を仕組んだものに報いを受けさせる段取りをしていきます。

 

 

本庁の前では市民がジャックザリッパーについてのデモを起こしており、その様子を見ていたレストレードとパターソンも今回の逮捕は冤罪だと考えているようです。

近くでアータートン主任警部は苛立っており、外にいる市民を早く何とかしろと言っています。

場所を変えた2人は、レストレードは今回の冤罪はアータートン主任警部が仕組んだことと考えており、パターソンは証拠として気密資料室にあるアータートンの裏帳簿を奪い、今回のことで動いた金の出所や流れを見つけ出そうと話しています。

そしてこれをシャーロックに手伝ってもらうことにしたのです。

 

 

ボンドはヘルダーの元へ行き、新たな潜入のための装備を預かります。

その時ボンドは気になるものを見つけます、それはヘルダーが作った特別仕様の自動車でした。

夜になってもデモを起こしている市民を見ているアータートン主任警部の元に容疑者の弁護士も来ていますが、非常事態だからと言って追い出せと言っています。

その様子を聞いているパターソンも彼が苛ついていると観察しています。

 

 

場所が変わり、パターソンはバーで飲んでいると、遠くから大きなエンジン音が聞こえて来ました。

ヘルダーが作った車に乗って来たボンドです。

ボンドはパターソンの元へ行き、バーテンダーにオリジナルのカクテルを注文します。

その間にパターソンは今のヤードの状況をボンドに説明し、自分ひとりでの協力では本庁の潜入は難しいかもしれないと話しています。

裏帳簿は気密資料室にあるのは間違いないが、それにはアータートンの許可と鍵がいるそうです。

 

 

そして出来た苦味のある名も無きカクテルを飲んだボンドは、そのカクテルに「パターソン」と名付けました。

パターソンはどうやって本庁に潜入するかと相談しようとしたところ、近くで酔っ払いの男性が女性客に絡み、迷惑をかけていました。

それを見たボンドは灰皿を投げ、酔っ払いに向かって行きます。

 

 

本庁の牢屋にいるボンド、問題を起こしてあっさり本庁に潜入することができました。

パターソンはレストレードがシャーロックたちを連れて来たとボンドに伝え、牢屋の鍵を開けます。

ボンドはヤードに変装し、気密資料室の警護をしているヤードたちをヘルダーから受け取った装備で眠らせます。

 

 

そしてレストレイドとシャーロックたちも気密資料室に向かいます。レストレードはシャーロックに訳を話す前にこれは冤罪だと見抜いており、協力してくれるとのことでした。

気密資料室の警護をしているヤードに、シャーロックたちは気密資料室に用があって、鍵を預かっていると嘘をつき、シャーロックはピッキングで鍵を開けます。

すでに気密資料室に潜入していたボンドは物音に気がつきます。

そこにアータートン主任警部がきて、レストレードを追い詰めます。

 

 

 

レストレードは正直に、今回の逮捕は冤罪だと考えており、調べ直す必要があると伝えます。

そしてレストレードはアータートンにタックルをし、気密資料室の扉を壊し中で争っています。

アータートンは応援を読んで来いとヤードに伝え、ひとりのヤードが部屋の外へ出て行きました。それはボンドでした。

ボンドは階段を降りている時、反対からパターソンが登って、ふたりはすれ違いました。

 

 

ボコボコにされたレストレードは牢屋に入れられており、そこにパターソンが来て、何と裏帳簿を渡してくれました。

パターソンはこれはアータートンのオフィスにあったといいます。

そして牢屋を開け、それを使って冤罪を晴らして、アータートンを引きずりおらせと言います。レストレードは走って行きました。

パターソンは一服しながら、階段でボンドとすれ違った時に裏帳簿を預かったことを思い出しており、ボンドの無茶苦茶ながらもウィリアムが認めただけのことはあると感じている様子です。

ボンドはヘルダーの車で爽快に帰っていきます。

 

 

後日、シャーロックが見ている新聞に冤罪のニュースが載っており、アータートンも更迭されたそうです。

しかしシャーロックは、今回も犯罪卿が絡んでおり、おそらく奴らは義賊だと予想しています。それに今回は無実の市民の解放だけが目的だったのかも疑っているようです。

レストレードとパターソンは、バーでオリジナルのカクテルを注文しながら、今回の冤罪事件の結果、新しい主任警部にレストレイドがなってもよかったところを、かわりにパターソンが引き受けたことについて話しています。

新たな主任警部にパターソンが選ばれたことに乾杯し、オリジナルカクテルのパターソンをふたりで飲みます。

レストレードはそれを「うわっ苦っ。」と言っています。

 

 

ウィリアムはパターソンが主任警部になったことでヤードの指揮も手に入れたことを一行の前で話し、モリアーティプランの実行まであと少しだと話していました。

 

 

【憂国のモリアーティ】 17話 感想

今回もボンドが大活躍でしたね。潜入はアイリーンの頃から得意としていたので適役でしょう。今回もボンドの無茶苦茶ながらの可憐な仕様が描かれていました。

しれっとモリアーティ側としてウィリアムたちに協力していたパターソンが本格的に行動し、事件は解決。しかもパターソンが主任警部になったことでヤードの指揮も手に入れることに成功してしまうとは…それもウィリアムの計画通りなのでしょう。

しかしこれで公式が発表している2期の新キャラは全員揃いました。

犯罪卿に先を読まれて苛立っているシャーロックが今後ウィリアムとどう対決していくのかも気になりますが、同時にレストレードの勇敢な行動にも驚きましたね。今までこの世界では汚い人間の方が多く出ていたので新鮮です。こんな人がこの世界にもっとたくさん居ればいいのに…

 

 

【憂国のモリアーティ】 18話 展開予想

次回、おそらくウィリアムは幼少期の頃から恐ろしいということがわかる内容になっています。

ミルヴァートンがウィリアムについて調べていると、昔孤児院で起きた事件について載っており、それによるとウィリアムは孤児院からお金を騙し取ったバクスターと契約書を交わし、その後裁判を起こします。

しかしバクスターはシラを切り、なかなかお金を返そうとしません。

するとウィリアムはその契約書の内容について触れると、展開は逆転、ウィリアムは勝利しお金も返金してもらえるようになります。

その内容とは、「かわりに○○と交換すること。」です。この内容がエグい…、是非ご覧になって確認ください!

 

 

 

【憂国のモリアーティ】の動画を全話見る

U-NEXTにの31日間無料体験に登録する

31日間は【憂国のモリアーティ】1話から最新話まで無料で動画が見放題

アニメ動画配信数NO.1のU-NEXTで他の作品も無料視聴

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

今すぐ《憂国のモリアーティ》の動画を無料で全話視聴する

U-NEXTの31日間無料体験に登録する

無料期間中の解約で0円

----------------------------------------------------------------------
本ページの情報は21年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

読んでほしい記事

-アニメ, 憂国のモリアーティ2期

© 2021 animercy アニメルシー