アニメ 魔法科高校の優等生

【魔法科高校の優等生4話】の動画を無料でネタバレ感想とあらすじ『友達』 

\ 【魔法科高校の優等生】はU-NEXTがオススメ /

配信サービス 配信状況 無料トライアル

月額2,189円(税込)

最速配信

31日間無料

視聴可

 

 

この記事では【魔法科高校の優等生4話】(7月24日放送分)のネタバレ感想ストーリーをお届けします。

 

 

【魔法科高校の優等生】の動画を無料で見る

U-NEXTの31日間無料体験に登録する

登録した日から31日間は【魔法科高校の優等生】1話から最新話まで無料で動画が見放題

アニメ動画配信数NO.1のU-NEXTで他の作品も無料で視聴できる

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

《〇〇》の動画を無料で全話視聴する

U-NEXTの31日間無料体験に登録する

無料期間中の解約で0円

 

 

魔法科高校の優等生4話あらすじ 『友達』

 

 

達也は剣道部の壬生たちの言動から、自分を襲った者の正体を反魔法国際政治団体・ブランシュと突き止める。

一科生と二科生の分断を図ろうとするブランシュの行動に憤る深雪。

一方、ほのかたち少女探偵団は犯人を剣道部の主将・司甲と特定し、尾行を開始するが、気づかれて謎のバイク集団に襲われてしまう。

魔法で対抗する三人だったが、魔法を無効化するキャスト・ジャミングを使われて大ピンチに。

参考:公式

達也が襲撃されている現場をほのか達は目撃しました。

ほのか達は自分達だけで襲撃犯を捕まえるつもりですが・・。

果たして上手くいくのでしょうか?

それではみていきましょう。

 

魔法科高校の優等生4話 ネタバレ

 

 

 

深雪はほのか達の事が気になり、声を掛けますが避けられてしまいます。

何か隠しているようではあるものの、問い詰めるわけにもいかず・・と達也に相談していると壬生先輩から声を掛けられました。

壬生先輩の用件とは、達也と話がしたいというもの。

二人は一体どんな話をするのだろうと深雪は不安に感じます。

 

 

深雪は帰宅後、壬生先輩は達也に告白したのかも?と良からぬ妄想をし、自分もアピールせねば!と服装選びに気合を入れます。

しかしこれがなかなか決まりません。

どの服装が良いか迷っているうち、深雪は転んでしまいます。

と同時に深雪の事を心配した達也が部屋に入って来て、深雪は衣服の乱れた姿を見られるのでした。

 

 

翌日生徒会室で昼食をとっていると、渡辺先輩は「達也君。キミが昨日二年の壬生紗耶香をカフェで言葉責めにしたというのは本当なのか?」と達也に尋ねます。

その言葉に深雪が暴走しかけるというハプニングもありましたが、達也は深雪を宥めて事情を説明します。

壬生先輩から先日のお礼を兼ねて話をしたいと誘われた。

話を聞く限り壬生先輩は風紀委員に偏見を持っており、達也が説明しても納得してもらえなかった。

魔法の成績で区別する学校の体制にも不満を持っており、その考えを学校に伝えるつもり。

以上の事を達也が話すと、七草先輩達には心当たりがあるようでした。

 

 

達也がブランシュの名を口にすると七草先輩達は驚き、第一高校もブランシュの影響を受けている事を認めました。

ただ深雪は達也から事前にブランシュについて教えてもらえなかった事に不安を覚えます。

帰宅後、「すまない。伝えない事で返って不安にさせてしまったな」と達也は深雪に謝罪し、ブランシュについての情報を伝えました。

ほのか達は達也を襲った犯人である司を尾行していました。

しかし司はほのか達の尾行に気付いており、組織の待ち構える裏路地へとほのか達を誘導します。

 

 

ほのか達は司の罠にまんまとハマり、突如現れたバイク集団に取り囲まれました。

魔法を使ってほのか達は脱出しますが、キャストジャミングを使われて魔法を使えない状態にされてしまいます。

バイク集団にほのか達が捕まりそうになった所、深雪が現れました。

深雪はほのか達を見掛け、その後をついてきていたのです。

キャストジャミングは深雪に通じず、バイク軍団をあっさりと倒しました。

 

 

深雪はほのか達から事情を聞きます。

ほのか達が兄の為に頑張ってくれていたと知ると深雪は喜び、満面の笑みを浮かべるのでした。

その後、深雪はほのか達を先に帰し、九重先生に連絡して現場へ来てもらいます。

バイク軍団を九重先生に引き渡し、尋問を任せました。

そして達也を襲った司という生徒についても調べて欲しいとお願いします。

 

 

一方、司は義理の兄であり、ブランシュ日本支部リーダーの司一に報告していました。

この報告を受け、司一は第一高校の同士に決起を促します。

"学内の差別撤廃を目指す有志同盟"を名乗る生徒達が放送室をジャックし、生徒会と公開討論会を開く事になりました。

公開討論会では七草先輩が有志同盟を言い負かし、独壇場に。

その言葉に生徒達が感動していると、武装集団が第一高校を襲撃してくるのでした。

 

 

魔法科高校の優等生4話 感想

今回印象に残ったのは、深雪の領域干渉力ですね。

達也が壬生先輩を言葉責めにしたと聞けば、深雪の身体から冷気が漏れ出して周囲を凍らせました。CADも使わずに。バイク集団がキャストジャミングを使って来ても、深雪の領域干渉力によって通じません。ほのか達をあれだけ苦しめていたというのに、深雪は何事もなかったかのように魔法を使ってバイク集団を倒しました。ほのか達も相当優秀なのでしょうけど、深雪はケタが違いますね。

何気に残念だったのはほのか達です。達也襲撃犯を司だと調べ上げた所までは見事でした。しかし自分達で司を調べようとした結果、罠にハマるという大チョンボを犯します。深雪がバイク集団を壊滅させてくれましたけど、これがブランシュに強硬手段を取らせてしまう原因になったんですよね。もしほのか達が深雪か達也に報告していれば、司の事を調べ上げてブランシュリーダーの司一まで辿り着いていたかもしれません。そうすればブランシュが決起する前に対処出来たかも・・・。

 

 

魔法科高校の優等生5話展開予想

次回は第一高校が戦場になりそうですね。

達也と深雪がどれ程活躍出来るかに寄りますけど、ブランシュ優勢で進みそうだと予想します。

今回、"学内の差別撤廃を目指す有志同盟"と生徒会が公開討論会をする事になりました。恐らく公開討論会は囮だったと予想します。というのも、ブランシュにとって公開討論会の結果はどうでもいいんだと思います。

重要なのは第一高校関係者(生徒や教師等)を講堂に集める事。第一高校の生徒は魔法を使える為、生徒といえどその戦力は侮れません。ブランシュ側は数が少なそうですし、もし正面からやり合えば危ういと言えるでしょう。

しかし講堂に集結させて不意打ちを行えば一網打尽に出来るかもしれません。仮に上手く行かなくとも、講堂に注意を引き付けたり、足止めは出来ます。となればブランシュの別動隊も動きやすくなりますし、テロ成功の確率もグっと上がるでしょう。達也と深雪がいなければ・・でしょうが。

 

 

魔法科高校の優等生 全話のネタバレ感想を紹介

 

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話

 

【魔法科高校の優等生】の動画を全話見る

U-NEXTにの31日間無料体験に登録する

31日間は【魔法科高校の優等生】1話から最新話まで無料で動画が見放題

アニメ動画配信数NO.1のU-NEXTで他の作品も無料視聴

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

今すぐ《魔法科高校の優等生》の動画を無料で全話視聴する

U-NEXTの31日間無料体験に登録する

無料期間中の解約で0円

読んでほしい記事

-アニメ, 魔法科高校の優等生
-, , ,

© 2021 animercy アニメルシー