アニメ 恋と呼ぶには気持ち悪い

【恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きも)】原作を読む方法と12話最終話ネタバレ感想『気持ち悪い』

 

片方が吸いよれば他方は避け、逆もまた然り。

一花を避ける亮の真意は?

気持ちいい恋と成るのか?

今回は【恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)12話】(6月21日放送分)のネタバレ感想ストーリーをお届けします。

 

\ 恋きも原作はここで読める!!/

【恋きも】の原作小説を読む

ebookjapanに登録

初回登録で50%クーポン6枚取得

【恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きも)】全巻半額で購入できる!!

毎週金曜日にはPayPayで支払うと20%還元

定期的に実施されるお得な期間限定キャンペーン

↓↓詳細はこちら↓↓

【恋きも】の漫画をお得に読む方法

\ ebookjapanなら半額で購入できる /

ebookjapanで【恋きも】の漫画を読む

/ Yahoo!プレミアム会員半年間無料 \

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)12話 あらすじ『気持ち悪い』

 

 

お花見をしてから数日間、亮から電話がなく、不安でいっぱいの一花は、理緒に相談する。

理緒は、一花から電話をすることを勧めるが、一花は戸惑うばかりだった。

そんな一花に理緒は、好きかどうか、はっきりした態度を見せないと亮がかわいそうだと言う。

なんとか勇気を絞り出した一花は、亮に電話をかけるのだが、亮は「仕事が忙しく、しばらく会うことも電話をすることもできない」とあからさまに距離を置こうとして…。

参考:公式

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)12話 ネタバレ

 

 

あのお花見以来、亮から電話がなかった一花は少し不安になっていたのだった。そんな中、一花は学校で理緒に毎日亮から電話があったのに急になくなったと相談したのです。

すると、理緒は気になっているなら自分から電話したら良いとアドバイスしたのでした。

そんな理緒の言葉に一花が戸惑っていると理緒はお兄ちゃんが可哀想だと言ったのだった。

 

 

家に帰った一花は勇気を出して亮に電話して美術館のチケットがあるから一緒に行かないか誘ったのだった。

すると、亮は仕事や先約があって行けないと断ったのでした。

またその時、しばらく仕事が忙しくなるから電話も出来ないと冷たくあしらわれたのだった。

 

 

そして、一花は理緒に亮に電話したことやしばらく電話も出来ないと言われたと報告したのでした。

すると、心配した理緒は直接亮に電話をしようとしたのですが、一花はおせっかい過ぎると理緒を否定してしまうのである。

気まずい雰囲気の中で理緒が謝ったあと、自分の大切なお兄ちゃんと大好きな親友の一花が上手くいったらそんな嬉しいことはないと言ったのでした。

その言葉を聞いた一花もまた理緒に謝って抱きしめて仲直りしたのだった。

 

 

一方、亮はバーで益田に会って一花のことを相談していたのでした。

あのお花見から一花が美術館に誘ってくれたりして、自分に好意を持ってくれてることが分かって躊躇して距離を置いていると話たのだった。

すると、益田はそんな亮を見てイライラするから殴って良いか聞いたのでした。

 

 

それと同時に一花に対してその態度は失礼だと説教をしたのだ。

また、益田は逃げずに一花と向き合わないといけないと言ったのでした。

益田の言葉を聞いた亮はようやく目が覚めたのです。

一花もまた亮に自分の気持ちを告白すると理緒と約束していたのだった。

 

 

そして、駅で一花はたまたま亮を見かけたのでした。

傘を握りしめながら勇気を出して亮のあとを追いかけて行ったのだった。

そして、階段で亮の名前を叫んだら亮が振り向いた瞬間、一花が足を滑らせてしまい亮が支えてくれたのでした。

 

 

一花は亮に何故、自分を避けていたのか嫌われたのかとか聞きたいことを全てぶつけたのだった。

また、亮は一花が言っていることを否定することなく逃げていた自分が情けないと一花に本当の気持ちを伝えたのでした。

すると、一花は初めて会った時から今までの話をして、最近は亮のことを自然と考えていたりして好きになっている自分がいると言って好きですとついに告白したのです。

 

 

すると、亮は一花に思わずキスをしてしまい、自分も一花が好きだと言ったのでした。

そして、一花は自分が大人になるまで待ってて欲しいと言ったのだった。

それから、亮は実家に用事があって帰った時に父親に会ったので一花とのことを話して、これからは大切な人をちゃんと守っていくと宣言したのでした。

そして、いつもの日常に戻り一花の隣には亮がいたのだった。また、気持ち悪いが恋になっていたことに一花は気付いたのでした

 

 

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)12話 感想

亮が一花に対してあんなに積極的だったのに急に引いたからビックリしましたが、逆にそこで一花が自分の気持ちに気付けたような気もしました。あと、理緒の優しさや益田の言葉にもジーンとしたし、一花も亮も素晴らしい人たちに支えられているのではないかと思ってしまいます。あと、駅で最後に一花が告白したあと、返事をする時に亮が思わず我慢出来ずに一花にキスしてしまうのが彼らしいなぁっと感じてしまいました。また、一花が突然キスされていつものように怒っている感じが可愛らしかったです。2人のいつものやり取りが最後に見れたのも大満足でした

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)2期はある? 

今回のシリーズで無事に一花と亮が上手くいってカップルになったのですがそのあと、2人がどんな風に過ごしているのか次のシリーズで見れたら嬉しいです。また、周囲の理緒や益田や多丸など、他のみんながどうなっていくのかも気になってしまいます。期待が膨らむばかりです

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ) 全話のネタバレ感想を紹介

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話

 

 

\ 恋きも原作はここで読める!!/

【恋きも】の原作小説を読む

ebookjapanに登録

初回登録で50%クーポン6枚取得

【恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きも)】全巻半額で購入できる!!

毎週金曜日にはPayPayで支払うと20%還元

定期的に実施されるお得な期間限定キャンペーン

↓↓詳細はこちら↓↓

【恋きも】の小説をお得に読む方法

\ ebookjapanなら半額で購入できる /

ebookjapanで【恋きも】の小説を読む

/ Yahoo!プレミアム会員半年間無料 \

読んでほしい記事

-アニメ, 恋と呼ぶには気持ち悪い

© 2021 animercy アニメルシー