アニメ 恋と呼ぶには気持ち悪い

【恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きも)】原作を読む方法と11話ネタバレ感想『高校生』

 

はっきりしない一花と亮の関係。

それでも人生の先輩として進路の相談に乗る亮。

そんな亮の父親が登場・・・恐らく二人の関係を切り裂きそう。

今回は【恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)11話】(6月14日放送分)のネタバレ感想ストーリーをお届けします。

 

\ 恋きも原作はここで読める!!/

【恋きも】の原作小説を読む

ebookjapanに登録

初回登録で50%クーポン6枚取得

【恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きも)】全巻半額で購入できる!!

毎週金曜日にはPayPayで支払うと20%還元

定期的に実施されるお得な期間限定キャンペーン

↓↓詳細はこちら↓↓

【恋きも】の漫画をお得に読む方法

\ ebookjapanなら半額で購入できる /

ebookjapanで【恋きも】の漫画を読む

/ Yahoo!プレミアム会員半年間無料 \

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)11話 あらすじ『高校生』

 

春休みが終われば受験生になる一花たち。

理緒が弁護士になるため法学部を志していることを知った一花は、自分の進路に悩み焦っていた。

一花から、どうやって大学を決めたのかを聞かれた亮は、高校時代、父・善次に進路の件で叱られたことを思い出し、「親に敷かれたレールをただ辿っただけ」と自嘲気味に笑う。

久々に家族全員で食卓を囲む亮だったが、一花に好意を寄せていることが善次にバレてしまい…。

参考:公式

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)11話 ネタバレ

 

 

一花たちも春休みが明ければ三年生になるのでみんなで進路の話をしていました。理緒は弁護士になるために法学部を志していたり、他の友達はファッションデザイナーや体育の教師など、みんなの夢を聞いて一花は焦ってしまうのでした。

 

 

春休みのある日、一花は多丸に呼び出されてホワイトデーのお返しを貰っていたのです。また、一花は多丸にも進路について聞いていたのでした。多丸はとりあえず自分は大学に行ってから将来やりたいことを見つけたいと言ったのです。そして、一花に年上の人にも相談したら良いと話していたのでした。

その夜、一花は亮に進路について相談したのだった。亮は一花は絵が好きたがら美術系の大学やが学芸員など、目指して見たら良いのではないかとアドバイスしたのでした。その時、一花が亮の進路を決める時はどうだったか尋ねたら、自分の話はあまり参考にならないと言葉を濁したのです。

 

 

亮は実家で家族みんなで食事をしていたのですが、父親との関係はギクシャクしたままでした。また、理緒が母親と一花と亮が仲良くやっていることを話していたら、たまたまその話を父親が聞いてしまい帰ろうとしている亮を引き留めて説教を始めたのだった。そして、理緒の友達の女子高生に手を出して分別がつかないのかと怒ったのでした。亮は理緒に対しても一花に対しても安易に考えている訳ではないと反発してケンカ別れしてしまうのだった。

 

 

一花が理緒と出掛ける時に父親にたまたま会ったので一花は自己紹介したのでした。そして、亮が迷惑をかけていないか父親が聞いてきたのでいつも優しくしてもらって感謝していると一花が話したのです。すると、父親は少しビックリした顔をしていたのでした。その日、理緒と一花が一緒にいる時、益田から連絡がありお花見をすることなったのでした。

 

 

お花見当日、テンションの高い益田に比べて亮は少し元気のない様子に一花は心配していたのでした。途中、理緒と益田は二人に気を使って買い出しに行ったのです。その時、一花は亮に進路を決めたと言ったのだった。そして、亮がアドバイスしてくれた学芸員を目指してみようと考えていると話をしたら亮も喜んでくれたのでした。

 

 

その時、話の流れで亮が一花に父親との話をしたのです。また、今でもギクシャクしていることを言ったのだった。その話を聞いて一花は亮の知らない話が聞けて良かったと言っていたら、一花の髪の毛に桜の花びらが引っ掛かっていたので亮が取ろうとしたのでした。

 

 

すると、一花は顔を赤らめながら自分は亮さんのことがと言いかけたのですが、そのタイミングで益田たちが戻って来たのです。また、亮はさっき一花が自分に何か言おうとしていたことに気が付いてしまうのでした

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)11話 感想

今回は一花の進路と亮の父親との確執がテーマになっていました。

亮の父親は決して悪い人ではないと思うのですが、何故あんなに頭ごなしに亮に言ってしまうのかが理解出来なかったです。もう少し子供の意見に最初に寄り添わないと子供も言いにくいと思ってしまいました。

あと、亮のアドバイスのおかげで一花が進路を決めれて良かったなぁっと感じました。最後のお花見で一花がやっと自分の気持ちを伝えようとしたタイミングで益田が現れてしまい残念でした。しかし、一花の様子や雰囲気的に亮は一花の気持ちを察していた感じにも見えました

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ)最終話12話 展開予想

一花が亮に気持ちを伝えるタイミングを今回逃してしまったので、次回上手く伝えられるのかなぁっと考えてしまいます。また、亮と父親の不仲を一花が解消する存在になれたら、全てが丸く収まるのではないかと推測してしまいます。次回のテーマになっている気持ち悪いというワードの意味も凄く気になります

 

 

恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きもアニメ) 全話のネタバレ感想を紹介

 

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話

 

 

\ 恋きも原作はここで読める!!/

【恋きも】の原作小説を読む

ebookjapanに登録

初回登録で50%クーポン6枚取得

【恋と呼ぶには気持ち悪い(恋きも)】全巻半額で購入できる!!

毎週金曜日にはPayPayで支払うと20%還元

定期的に実施されるお得な期間限定キャンペーン

↓↓詳細はこちら↓↓

【恋きも】の小説をお得に読む方法

\ ebookjapanなら半額で購入できる /

ebookjapanで【恋きも】の小説を読む

/ Yahoo!プレミアム会員半年間無料 \

読んでほしい記事

-アニメ, 恋と呼ぶには気持ち悪い

© 2021 animercy アニメルシー