アニメ 呪術廻戦

【呪術廻戦22話】の感想(ネタバレ)・考察まとめ!『起首雷同』

壮絶?な野球勝負は東京校が勝利を収め、交流会の勝者は東京校となった。

途中、イレギュラーもあったが無事交流会を終えた虎杖・伏黒・釘崎は次なる任務へ。

そこで伏黒の黒歴史が明らかになり、また姉の存在も脅かされる。

そして現れるあの日の呪霊と過去からの受肉者・・・。

 

この記事では、そんな【呪術廻戦】第22話【起首雷同】のあらすじとネタバレをご紹介していきます。

【呪術廻戦の電子書籍を安く購入する方法】+ コチラをクリック

「呪術廻戦」の漫画をまとめて購入するならebookjapanがオススメです。ebookjapanではいつでもユーザーが必ず何処よりもお得に買い物が出来るキャンペーンが行われます。

というのも、PayPay残高を利用することによって毎日最大50%が戻ってきます。

例えば1,000円(税込)のお買い物をPayPay残高でお支払いすると通常は2%の20円相当戻ってきます。

しかし現在3/1~3/28のキャンペーンでは

Yahoo!プレミアム会員の方 ➡ 毎日最大500円相当

ソフトバンク「スマートログイン」設定の方 ➡ 毎日最大665円相当

ワイモバイル「Y!mobileサービスの初期登録」の方 ➡ 毎日最大665円相当

上記以外の方 ➡ 毎日最大440円相当

さらには『金曜日のキャンペーン』にエントリーして購入した場合は

Yahoo!プレミアム会員の方 ➡ 毎日最大700円相当

ソフトバンク「スマートログイン」設定の方 ➡ 毎日最大865円相当

ワイモバイル「Y!mobileサービスの初期登録」の方 ➡ 毎日最大865円相当

が戻ってきます。

Yahoo!プレミアム会員には半年間無料で入れますので、このキャンペーンが行われている間に「呪術廻戦」をお買い得に楽しみましょう。

原作を楽しみませんか?

\ ebookjapanなら50%相当戻ってくる /

ebookjapanで呪術廻戦を読む

/ ソフトバンク/Y!mobileならもっとお得  \ 

 

呪術廻戦22話『起首雷同』あらすじ

 

 

 

呪霊により3人の男が似た状況で死亡する事件が発生。
被害者たちは同じ中学校に在籍していたことが判明し、虎杖、伏黒、釘崎はその調査に派遣される。
現地に着いてみると、その中学校は伏黒の母校であった。
被害者らは地元の心霊スポット「八十八橋」の下で揃って倒れていたことがあったと聞く。
さらに伏黒の姉・津美紀も事件に巻き込まれていたと分かり――。
引用:公式

 

色々ありましたが、交流会は終了。

次はどんな呪霊が待ち受けているのでしょうか?

それではみていきましょう。

 

呪術廻戦22話『起首雷同』ネタバレ

 

呪霊によるものと思しき刺殺事件が三件発生します。

被害者達にはある共通点がありました。

帰宅するとオートロックのドアが開きっぱなしになっている等、帰宅時の玄関前でトラブルが発生していたのです。

虎杖、伏黒、釘崎の三名は補助監督の新田明と共に調査を開始します。

被害者三名を調べてみると、刺殺時の状況だけでなく同じ中学出身という共通点がありました。

手がかりを求めて中学へ赴くと、学校の不良生徒達と遭遇します。

不良生徒達とトラブルを起こしそうになるものの、不良生徒は伏黒を見て態度を豹変。

実は伏黒、ここの中学出身であり在校時はヤンチャをしていたのです。

そこへ学校関係者の武田が現れます。

 

こちらも伏黒の事を知っており、被害者三名の事を聞くのでした。

武田から、被害者達は自殺の名所である八十八橋でバンジージャンプを行っていた事が判明。

こういう場所は呪霊が発生しやすく、伏黒も見回りに来た事がある場所。

ここに手がかりがありそうだと感じて虎杖達は向かいます。

しかし現地では呪霊の気配等はありません。

虎杖にもバンジーをさせましたが、手掛かりはありませんでした。

 

今後の方針で悩んでいると、先程中学で会った不良生徒が姉を連れて現れます。

この女性は伏黒の同級生で、今回の刺殺事件が自分にも関係しているかもと恐れていました。

事情を尋ねると、この女性も帰宅時には玄関が開いているという妙な体験をしているとの事。

 

さらに被害者達同様、八十八橋へ肝試しに行った事があったのです。

その肝試しには伏黒の姉も同行しており、呪霊の手が姉にも及ぶのではと伏黒は焦ります。

 

伏黒が伊地知に連絡すると、今回の事件は伏黒達の手に負えそうなレベルではないからと撤退を勧められました。

 

虎杖達には帰るよう指示し、伏黒は単身八十八橋へ出かけます。

これまで得た情報から、呪霊と遭う方法に伏黒は気づいていました。

夜に下から峡谷の下へ行き、川を渡る。これらが呪霊の張る結界内に侵入する方法だと。

現地に着くと虎杖と釘崎が現れ、伏黒と合流。

 

先へ進むと虎杖達は呪霊と遭遇します。

と同時に新たな呪霊が襲撃してきました。

この呪霊は真人が造ったもの。

こちらには虎杖が対応し、八十八橋の呪霊には伏黒と釘崎が挑むのでした。

 

呪術廻戦22話『起首雷同』 感想

 

新章へ突入し、新たな呪霊事件を発生しました。

普通の呪霊事件で終わるかと思いきや、またしても真人が関係しているとは。

虎杖達は以前よりパワーアップしているとはいえ、今回も苦戦の予感がします。

 

 

前半の導入部から面白かったですね。

なんといっても伏黒の黒歴史に触れる事が出来たのですから。

中学時代の伏黒はヤンチャだったよう。

その事を虎杖達に知られて恥じる伏黒。

普段のクールな雰囲気とのギャップもあり、楽しめました。

 

また伏黒の姉に関する情報も出ていました。

伏黒にも背負っているものがあるのですね。

その焦りから伏黒は単独行動に出るわけですけど、虎杖達のフォローがあって良かったです。

 

八十八橋の呪霊でさえ伏黒達の手には余ると判断されているわけですし、さらに新手の呪霊まで。

伏黒一人だったら非常に不味い状況に陥っていたのでしょうけど、虎杖と釘崎もいればなんとかなるかもしれませんね。

 

呪術廻戦23話展開予想

 

次回はバトルシーン全開といった所でしょうか。

まずは八十八橋の呪霊vs伏黒+釘崎のバトルから。

伊地知から2級呪術師の伏黒では危険だと言われましたが、以前の伏黒ではありません。

それは釘崎も同様。

交流会を経てレベルアップしていますし、二人でならなんとかなるのでは?と予想します。

 

次回の見どころは、真人が造りし呪霊vs虎杖のバトルだと思います。

伏黒達も以前より強くなったとは思いますが、虎杖は別格でしょう。

元々格闘センスはありましたし、五条と東堂のおかげで別次元の強さへと進化。

黒閃もマスターしていますし、特級呪霊相手にも物怖じせずに戦える胆力まで身に付けました。

相手が真人本人ならともかく、真人が造った呪霊です。

真人より強さは相当落ちるでしょうし、虎杖が快勝するのではないでしょうか。

 

まとめ

 

以上が、【呪術廻戦】第22話のあらすじとネタバレでした。

お読みいただきありがとうございます。

最後に簡単に動画を見る方法をまとめましたのでご覧ください。

【呪術廻戦】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初回31日間無料

【呪術廻戦】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料トライアル実施中 税込2,189円⇒0円 /

【呪術廻戦】の動画を無料で視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

読んでほしい記事

-アニメ, 呪術廻戦

© 2021 animercy アニメルシー