アニメ 呪術廻戦

【呪術廻戦23話感想(ネタバレ)】伏黒領域展開の考察まとめ!『起首雷同ー弐ー』

 

結界 内に残った伏黒は少年院で遭遇した特級呪霊と、再び出会う。

呪霊も力をつけているようだが、伏黒も同様に、あの時の伏黒ではない。

不完全ではあるが、遂にあの段階へ足を踏み入れる。

リベンジの時。

 

この記事では、そんな【呪術廻戦】第23話【起首雷同ー弐ー】の感想あらすじとネタバレをご紹介していきます。

【呪術廻戦の電子書籍を安く購入する方法】+ コチラをクリック

「呪術廻戦」の漫画をまとめて購入するならebookjapanがオススメです。ebookjapanではいつでもユーザーが必ず何処よりもお得に買い物が出来るキャンペーンが行われます。

というのも、PayPay残高を利用することによって毎日最大50%が戻ってきます。

例えば1,000円(税込)のお買い物をPayPay残高でお支払いすると通常は2%の20円相当戻ってきます。

しかし現在3/1~3/28のキャンペーンでは

Yahoo!プレミアム会員の方 ➡ 毎日最大500円相当

ソフトバンク「スマートログイン」設定の方 ➡ 毎日最大665円相当

ワイモバイル「Y!mobileサービスの初期登録」の方 ➡ 毎日最大665円相当

上記以外の方 ➡ 毎日最大440円相当

さらには『金曜日のキャンペーン』にエントリーして購入した場合は

Yahoo!プレミアム会員の方 ➡ 毎日最大700円相当

ソフトバンク「スマートログイン」設定の方 ➡ 毎日最大865円相当

ワイモバイル「Y!mobileサービスの初期登録」の方 ➡ 毎日最大865円相当

が戻ってきます。

Yahoo!プレミアム会員には半年間無料で入れますので、このキャンペーンが行われている間に「呪術廻戦」をお買い得に楽しみましょう。

原作を楽しみませんか?

\ ebookjapanなら50%相当戻ってくる /

ebookjapanで呪術廻戦を読む

/ ソフトバンク/Y!mobileならもっとお得  \ 

 

呪術廻戦23話『起首雷同ー弐ー』あらすじ

 

 

八十八橋の呪いに加え特級呪物「呪胎九相図」の1体・血塗(けちず)と対峙する虎杖・伏黒・釘崎。
八十八橋の呪いの結界内にいる伏黒たちだが、突如釘崎が腕を引かれ、結界外に消える。
それを追い、出ていったもう一体の血塗と虎杖も外へ。
残った伏黒は早々に八十八橋の呪いを片付けるが――衝撃の光景を目の前にする。
一方、釘崎は「呪胎九相図」の1体・壊相(えそう)と対峙。
そこに血塗(けちず)と、追ってきた虎杖も加わり――
引用:公式

 

事件を引き起こした呪霊と遭遇は出来たものの、真人の息がかかったイレギュラーな敵が出現。

一年生呪術師の三人はこの危機を乗り越えられるのでしょうか?

それではみていきましょう。

 

呪術廻戦23話『起首雷同ー弐ー』ネタバレ

 

最初は虎杖vs血塗(真人が造りし呪霊のような異形)の戦いから始まりました。

虎杖の攻撃はヒットし、血塗にダメージを与えていきます。

 

途中で血塗は虎杖を掴みますが、逆手に取られてさらにダメージを負いました。

「なんだぁ?強いなあ・・楽しくないなあ」と血塗が愚痴る程、虎杖ペースに。

 

一方伏黒達も八十八橋の呪霊相手に押せ押せムードでした。

呪霊の数は多いものの、その分攻撃力は大した事ありません。

これは思ったより楽だな・・と感じた瞬間、釘崎は闇から現れた腕に捕まれ結界外へ連れ出されました。

 

その瞬間、伏黒は悟ります。

敵は八十八橋の呪霊と血塗の二体だけではなく、他にもいると。

血塗は釘崎を結界外へ連れ出したのは兄・壊相だと気づき、後を追って結界外へ出ました。

虎杖は血塗の後を追い掛ける事となり、虎杖は血塗、伏黒は八十八橋の呪霊、釘崎は壊相の三手に分かれます。

 

まずは伏黒vs八十八橋の呪霊の戦いから。

モグラ叩きの要領で次々と八十八橋の呪霊を倒し、ラス1も仕留めました。

こうして伏黒は敵を倒したわけですが、突如呪霊が現れます。

少年院で見かけた特級呪霊そっくりの外見をしており、両面宿儺の指を本体にした特級呪霊でした。

特級呪霊は伏黒に襲い掛かります。

 

伏黒がダメージを与えられたと同時に、回想シーンが始まりました。

五条から本気でやれと言われた事を思い出し、不完全ながら領域展開を発動。

見事特級呪霊を祓います。

 

伏黒は残された両面宿儺を手にし、意識を失うのでした。

 

その頃釘崎は壊相相手に戸惑っていました。

 

壊相は異様な風貌をしており、呪霊なのか呪詛師なのかハッキリとわかりません。

ただ壊相との会話から、ここには何等かの目的をもって現れたのだけは理解していました。

 

一体壊相は何を?と考えているうち、結界外へ出た両面宿儺の指の気配に壊相は気づきます。

壊相は釘崎から離れ、両面宿儺の指の所へ妙な動きで移動を始めました。

 

追い掛けてくる釘崎にその動きをツッコまれると、壊相は釘崎に背中をみたら・・と警告を発します。

その瞬間、壊相の背後に虎杖と血塗が現れ、壊相は背中を見られてしまいました。

壊相は激怒し、虎杖と釘崎に襲い掛かるのでした。

 

呪術廻戦23話『起首雷同ー弐ー』 感想

 

今回は伏黒の活躍が一番目立っていたように感じます。

 

伏黒といえば、複数の式神を使いこなす戦闘巧者というイメージ。

ただ手数はあるものの、決定打に欠ける為に2級呪術師の地位に甘んじているという感じでした。

しかし今回の戦いで覚醒しましたね。

不完全ながらも領域展開を発動させ、特級呪霊を倒してしまったのですから。

以前少年院で特級呪霊と遭遇した時はまったく相手にもならなかったというのに。

特級呪霊を伏黒一人で祓ってのけたのは凄いです!

 

また虎杖も凄いですね。

真人から処置を施された血塗を一方的に追い込んでいました。

黒閃すら使わずに。

全力を出していないのにこの強さ。

壊相相手にも期待出来そうです。

 

敵で気になるのは壊相ですね。

あの背中は一体何を意味するのでしょうか。

真人達と繋がりがあるようですし、もう少し壊相の情報が欲しい所ですね。

 

呪術廻戦24話展開予想

 

次回は両面宿儺の指の行方と壊相・血塗兄弟に注目ですね。

 

伏黒は特級呪霊を倒して両面宿儺の指を手に入れましたけど、今は眠っています。

負傷もしていますし、今の伏黒から両面宿儺の指を奪うのはたやすい事でしょう。

そんな千載一遇のチャンスを真人が逃すでしょうか?

釘崎と虎杖は壊相・血塗兄弟が押さえていますし、相当不味そうですね。

 

次に壊相・血塗兄弟。

現時点での血塗の実力は虎杖以下です。

しかし兄弟揃うと、兄弟ならではのコンビネーションプレイがあるかもしれません。

また壊相の実力も未知数ですし、成長著しい虎杖といえど苦戦しそうですね。

 

最後に八十八橋の呪霊事件について。

一応八十八橋の呪霊は伏黒が祓いましたし、解決したのではないでしょうか。

これで呪霊被害に遭って寝たきりになっていた姉・津美紀の容態も回復しそうなのですが。

問題は色々残っているとはいえ、まず一つ片付いたように思います。

 

まとめ

 

以上が、【呪術廻戦】第23話のあらすじとネタバレでした。

お読みいただきありがとうございます。

最後に簡単に動画を見る方法をまとめましたのでご覧ください。

【呪術廻戦】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初回31日間無料

【呪術廻戦】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料トライアル実施中 税込2,189円⇒0円 /

【呪術廻戦】の動画を無料で視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

読んでほしい記事

-アニメ, 呪術廻戦

© 2021 animercy アニメルシー