アニメ 呪術廻戦

【解説】呪胎九相図とは?2期ネタバレ/展開予想。呪術廻戦24話共犯ネタバレ

 

この記事には、2期のネタバレが含まれておりますので、ご注意下さい。

 

今回は最終回「呪術廻戦24話」「共犯」を、私の感想を交えながらご紹介させて頂きたいと思います。前回伏黒は、自分の力を発揮できていないと五条悟に指摘されて以来、自分の力をどう出せばいいのか、四苦八苦していました。

しかし過去に「お前あのときどうして逃げた」と、両面宿儺に言われた際、自分の中で閃いたようでした。このことをきっかけに伏黒は、覚醒し見事敵をバッサバッサと倒していきました。

一方釘崎と虎杖は、兄弟である壊相と血塗と遭遇し、対戦へと発展しました。

壊相と血塗は2人を追い込んだと思っていましたが、釘崎の「共鳴り」や「かんざし」そして、虎杖の底知れぬパワーに圧倒されてしまいます。

最後には壊相と血塗両名とも追い込まれてしまいました。

それでは、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

呪術廻戦の漫画をお得に読みたい方へ

「呪術廻戦」の漫画をまとめて購入するならebookjapanがオススメです。ebookjapanではいつでもユーザーが必ず何処よりもお得に買い物が出来るキャンペーンが行われます。

ebookjapanでは割引の上限が500円までの50%クーポンが6回使えます。※1回の会計で1枚まで

しかもebookjapanは毎週金曜日にPayPayで購入すると20%還元されます。

\ ebookjapanなら半額クーポンあり /

ebookjapanで呪術廻戦を読む

 

釘崎野薔薇の能力

 

釘崎の能力は、呪霊の一部を使って自身が持っている藁人形と金槌を使い、相手にダメージを負わせます。この技は「共鳴り」と言って、相手の急所をつきダメージを与えるため、彼女に全ての手札が揃ってしまうと釘崎の勝利が確実となってしまうので、ある意味最強です。

そのため、伏黒や虎杖と違った意味で強い人物と言えるでしょう。

伏黒は両面宿儺に認められるほどの潜在能力を保有しています。虎杖は身体能力が高く、人間としては本来あり得ない力を持っています。

そして釘崎は2人とは違い、呪霊の弱点である核をついて、死に至らせます。3人の連携はとても強く、もしバトルしたら誰が勝つか分からないほどの力を各々持っているのです。

釘崎はこの先、渋谷事変で最大の脅威の一角を死に追い込もうとするぐらいに成長していきます。私は釘崎みたいな女性はカッコいいと思っており、2期で早く彼女の活躍を拝みたいと思っております。

 

 

壊相・血塗が追い詰められる理由とは?

 

釘崎と虎杖を呪った壊相と血塗は、優勢に立ったと慢心していました。

しかし彼女が微笑みながら、呪いがかかった腕に釘を刺したのです。この技は「共鳴り」であり、対象者に相当なダメージを背負わせることができるのです。

彼女と共鳴しているため、壊相と血塗はたった一撃喰らっただけで、恐怖に苛まれました。釘崎は「どんどんいくぞ」と意気込みながら、2本3本と釘を自分の腕に刺していきます。

ここまで強い女性は早々いないでしょう。虎杖も壊相に隙が出来たことを見逃さず「黒閃」を、次々と壊相の身体に入れていきます。壊相と血塗は追い込まれてしまい、血塗は最後の力を振り絞って釘崎に襲いかかろうとしました。

しかし彼女は静かに指パッチンしながら「かんざし」と、一言いいました。次の瞬間、釘が大きくなりかんざしのように血塗を貫いてしまったのでした。

この光景を見た壊相が激怒しましたが、虎杖に片腕を落とされてしまいます。皆が戦っていると、トラックが乱暴に間を横切ります。

壊相はそのトラックに乗り、乗っていた2人を脅しながら逃げようとしましたが、釘崎が用意していた壊相の一部を藁人形と釘で貫いたため、力つき死亡してしまいました。

 

 

呪胎九相図

公式より引用

 

 

釘崎は血塗をかんざしで見事倒しましたが、死体はそのまま消えずに残っていました。彼女は「何故消えなかったのか?」と疑問に思ったようです。

実は血塗は呪霊とは少し違う形態の呪霊で、正確には呪胎九相図という世界で9体しかいない、受肉した呪霊だったのです。壊相も同様です。

呪胎九相図の1番から3番は、呪術高専が保管しており、敵である血塗、壊相、脹相3体を除く3体は、未だに登場していません。

元々は、明治時代ある女性が「覚えのない妊娠」をしたことから始まりました。生まれてきた赤子は、肉体を得た呪霊でした。彼女は世間から蔑まれたため、初代の加茂家当主のところに逃げ込みます。

しかしこの決断は、地獄へと堕ちることになってしまったのです。加茂家初代当主は、見覚えのない妊娠をする女性を人体実験に使い9体の肉体を得た呪霊を産ませました。

女性はそのあと力尽きてしまいました。

まだまだ謎が多い呪胎九相図ですが、もしかすると虎杖が9体のうちの1体なのでは?と囁かれています。

以下、私の推測をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

虎杖も呪胎九相図だった?

 

虎杖はおじいちゃんに育てられてきたため、両親は登場しておりません。しかしアニメ1話から、身体能力がずば抜けており、世界記録を余裕で塗り替えていました。

さらに今回、壊相が逃げようとしたトラックを追いかけていました。スピードを上げたトラックに余裕で追いついていた虎杖は、釘崎と連携し見事壊相を倒しました。

どうやら虎杖は、幼い頃から身体能力が非常に高く、今まで特に気にしないで生きてきたそうです。

しかし、壊相と血塗の兄弟である兄「脹相」は、虎杖のことを兄弟と疑っているようでした。実際壊相と血塗、両名とも心が繋がっており、2名が死亡した瞬間「2人が死んだ」と、真人達に話ていました。

つまり呪胎九相図は、意思疎通ができるようで脹相は、虎杖が生き別れた弟と半分信じているようです。

虎杖の過去がまだ明らかになっていませんが、両面宿儺は「虎杖が自分を取り込んだことがきっかけで多くの人が死ぬことになる」と言っていました。

このことから、虎杖が両面宿儺になったら、誰かがこの先彼を止めると思っております。もしかすると、伏黒ではなく脹相なのでは?と思っております。

もしそうだったら、虎杖の正体が分かるかもしれませんね。

 

 

呪術廻戦2期の舞台は、渋谷?

 

今回で「呪術廻戦1期」が終了してしまいました。

しかしアニメの最後に「続く」と書いてあったので、2期は確実に放送されるでしょうね。

ここで2期はどんなストーリーになるか?と気になるところですので、少しだけご紹介させて頂きたいと思います。

2期は10月31日「渋谷ハロウィン」を舞台にしており、五条悟が封印されたり、釘崎が死亡する寸前だったりと急展開していきます。

さらに、両面宿儺が大暴れしたことに、大勢の人が死亡していきます。主人公の虎杖はこの事実に耐え切れず、死にたい、殺してくれと思ってしまいます。

渋谷事変と呼ばれるぐらい、日本が大きく変わろうとする日でもあります。

1月から呪術廻戦のEDが大きく変わりましたが、どうやら11月の海で皆仲良くじゃれ合っているようでした。

しかし作者曰く、虎杖、釘崎、伏黒、五条の4人は今後「3人死ぬか1人死ぬか」と、大きく物語が展開するそうです。つまり虎杖だけが生き残る世界や五条だけが死ぬ世界が今後あるということです。

展開が見えない呪術廻戦ですが、私は原作を読みながら2期を楽しみに待ちたいと思います。

 

もし原作漫画に追いつきたいからは電子書籍なんてどうでしょうか?

最近は本屋でも完売しているところが増えてきています。

こちらで電子書籍をとにかく安く読む方法をまとめました。

さらに詳しく

 

まとめ

 

今回は最終回「呪術廻戦24話」「共犯」を、私の感想を交えながらご紹介させて頂きました。

2期は虎杖、釘崎、伏黒、五条の4人の生存に大きく関わっているので、この先どうなるか本当に分からない状態です。

私は1期を観直しながら、4人の活躍を応援していきたいと思います。

読んでほしい記事

-アニメ, 呪術廻戦

© 2021 animercy アニメルシー