アニメ ヒロアカ5期

【ヒロアカ92話5期4話】対抗戦初戦の行方。感想(ネタバレ)まとめ!『それ行け心操くん!』

 

普通科からヒーロー科への編入を狙う心操を加えたAチーム。

まじめに日々研鑽してきたBチームにどう対抗するのか?

この記事では、そんな【ヒロアカ】第92話【それ行け心操くん!】の感想あらすじとネタバレをご紹介していきます。

 

【ヒロアカ】の動画を全話見る

Huluに登録

初回2週間無料

【ヒロアカ】1期2期3期4期1話から最新話まで無料で動画が見放題

2週間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

2週間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 2週間無料トライアル実施中 税込1,026円⇒0円 /

無料体験はこちらから

無料期間中の解約はいつでもOK

 

 

ヒロアカ92話『それ行け心操くん!』あらすじ

 

 

 

1年A組とB組それぞれで4人組のチームを作り「敵<ヴィラン>グループを包囲し確保に動くヒーロー」という設定による対抗戦がスタート!
第1戦は梅雨ちゃん・切島・上鳴・口田に普通科C組の心操を加えたA組チームと、塩崎・宍田・円場・鱗のB組チームが対決!
初っ端から塩崎を囮とした奇襲を仕掛け、さらに宍田のパワーを生かしたラッシュを仕掛けるB組。
一方、A組も心操の新技「ペルソナコード」を駆使した作戦で対抗。
互いがそれぞれの“個性”とチームワークを見せつけ白熱する対抗戦の初戦、先手を取るのはどちらなのか…!?
引用:公式

 

 

ヒロアカ92話『それ行け心操くん!』ネタバレ

第一試合までのA組の作戦会議にて心操人使がメンバーに自身が持つ『洗脳』の個性の詳細を伝える。

対象に意識を集中させる必要があるため、試したことはないが複数の人間にはおそらく使用できないこと。

『話しかけた相手が応答(返事)』をすれば洗脳が完了するが、衝撃を受けると洗脳が解けてしまうと説明する。

さらに洗脳中相手に与えられる命令は極めて簡単なものに限られ、喋らせたり思考を必要とするような行動は取らせることができないというものらしい。

初見の相手には非常に強力かつ有効な能力ではあるが、相手が心操の能力を知っている場合には使い物にならない。

そこで心操は能力を補助するアイテムとして『ペルソナコード』という変声機…ボイスチェンジャーを身に付けていた。

洗脳はマイクや拡声器を通すと効果が無くなる能力だが、このボイスチェンジャーであれば自身の声だと気づかれずに相手の応答を引き出すことができると心操は説明していた。

 

 

試合開始直後、B組円場硬成の声色を真似て見事宍田獣郎太を洗脳することに成功した。

しかし宍田が命令を受ける前に、円場が個性であるエアプリズン(空気の檻)で心操を閉じ込め宍田に声が届かない状態にし、宍田を殴って洗脳を解いてしまう。

だがわずかに生まれた隙を縫って上鳴が電撃を浴びせ、宍田と円場を分離、円場は蛙吹が延ばした舌で捕縛し逃走、そのまま自陣の牢屋へ入れることに成功する。

宍田の特攻で鉄パイプの下敷きになっていた切島鋭児郎がここで復活、円場のエアプリズンから口田甲司を救出、力を合わせて宍田の行く手を阻もうとする。

しかし二人が攻撃をしかけた瞬間に宍田は個性発動を停止し、獣モードから人間モードに戻り体格も縮小、二人の間を機転で見事にすり抜けた。

再び体格を戻した宍田は自身の脅威となり得る切島を自陣の塩崎茨へと投げつけ、切島は塩崎の茨により絡められそのまま牢屋へ入れられてしまった。

更に口田も宍田自ら自陣へと運び、切島と共に牢屋へ捕らえられてしまう。

 

上鳴と蛙吹は合流し体育祭の時より強化されたエアプリズンを何とか破壊、心操を救出する。

A組は様々な事件に遭い臨機応変・即断即決ができるようになっている中、実戦経験の少ない心操の行動の遅れが初動に影響を与えたと担任、生徒達皆が分析する。

 

場面はB組側陣地、塩崎と鱗飛竜に宍田は獣の鋭敏な嗅覚で『蛙吹が3人に分かれて接近してくる』と報告する。

実は蛙吹が自身の粘液(微毒あり)を上鳴と心操にまとわせて、宍田の嗅覚を利用し撹乱する作戦だったのだ。

また上鳴の新装備であるポインター(相手の居所察知と上鳴の電流的にもなる)が運良く宍田に付いていることに蛙吹は気づいており、それを使ってB組の居所を特定、反撃しようとしていた。

 

 

B組は塩崎が茨を広域展開、宍田が嗅覚でA組3人の居場所を詳しく探る中、鱗が宍田に付いている上鳴のポインターに気づいた。

だが外している余裕はなく、塩崎が茨で釣り上げた上鳴はポインターの機能(10メートル以内なら電撃は全てポインターへ集まる)を使って宍田へと電撃を放つ。

しかしそれに気づいた鱗がうろこを発射、宍田についたポインターを空中へ飛ばすことで上鳴の電撃は宍田に命中せずに終わってしまった。

上鳴を捕らえた塩崎に次の攻撃に備え蔓を張り直すよう檄が飛ぶ。

しかしその檄は、鱗の声色を真似た心操の声だった。

実は上鳴は自分がおとりになることで相手の油断をさそい心操の能力を生かすため、わざと茨に囚われていたのだ。

 

匂いの元が壁に張り付くような動きを見せたことで宍田は蛙吹を特定、残り一つの蛙吹の匂いが心操だと分かった宍田は一直線で心操の元へ突撃していく。

かくて二人は対峙、イレイザー・ヘッド直伝の操縛布でパイプを宍田へ向けて落下させる心操だが、獣化した宍田にはそれほどのダメージにはならなかった。

心操は声色を鱗に変えて宍田へ「後ろだ!」と叫ぶ、再び「後ろだ!避けろ!」と鱗の声がするがそれを洗脳のためだと思った宍田はそのまま心操に攻撃を加えようとする。

その結果、舌に囚われ「避けろ!」と叫ぶ鱗の忠告は無視され、スリングショット(投石具)の要領で投げつけられた鱗が宍田に直撃し決着とあいなった。

 

かくして第一試合はA組の勝利に終わる。

心操は仲間の協力で勝ちを得ることができたものの、ヒーロー科在籍の生徒と比較しての自身の能力不足を実感し、ヒーローを目指し一層の努力を肝に銘じるのであった

 

 

ヒロアカ92話『それ行け心操くん!』 感想

 

サブタイトルの『それ行け!心操くん』にたがわぬ、心操くんの能力が遺憾なく発揮される回となりました。

多対一だと真っ先に狙われたり、相手が個性を把握している場合警戒されて能力を生かし切れないなど、心操の立ち位置はイレイザー・ヘッドに近いのかもしれません。

それを防ぐためには誰かと協力し補助的な役割を担うこと…つまり実力が均衡する今回のようなチーム戦こそ心操の能力が生きてくる点が分かりやすく描かれていましたね。

 

また心操が無双するわけでもなく、B組も体育祭の時に比べ個々人の能力が格段に上昇しているなども分かりやすく、構成や展開の上手さも見て取れます。

脚本構成やアニメ化で情報を取捨選択するアニメ制作陣の力も大きいのでしょうが1クールで終わるアニメも多い中、5期まで続く話の面白さが原作の人気を支えていると実感できますね。

原作にも興味が出てきたのですが、このまま先の展開を知らずにアニメを楽しみたいとも思ってしまうのです。

 

余談ですが、蛙吹ちゃんの舌に巻かれて運ばれた事実に気づき喜んでしまう円場君の気持ち…分からないでもありません

 

 

 

ヒロアカ93話 展開予想

前回の予想はメタ的な視点から見たもの(次回予告で『B組が圧倒する』と言っていたので最終的にA組逆転勝利する)が当たっていましたね…当たったのは嬉しいのですが少し複雑な気分です。

今回もメタ的な視点で言えば『一戦目をA組が勝利したので二戦目は実力の均衡を演出するためにB組が勝利』と予想できますが、いかがでしょうか?

 

普通に予想するにしても次回はA組の『常闇、葉隠、八百万、青山』と『小森、拳藤、黒色、吹出』のB組が対戦することになりますが、拳藤はともかく他の三人はアニメでは今まで特別フィーチャーされていないハズですので、原作未読の私には能力の詳細が分かりません。

名前から常闇陰と黒色支配が名前から似た能力で、二人の能力競い合いやその強弱が勝利へと繋がってきそうな気がします。

よって能力の強弱を根拠とした場合、順当に能力強化のカリキュラムをこなせていたB組が勝つのではないかと予想してみます

 

 

 

 

まとめ

 

以上が、【ヒロアカ】第92話のあらすじとネタバレでした。

お読みいただきありがとうございます。

最後に簡単に動画を見る方法をまとめましたのでご覧ください。

【ヒロアカ】の動画を全話見る

Huluに登録

初回2週間無料

【ヒロアカ】1期2期3期4期1話から最新話まで無料で動画が見放題

2週間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

2週間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 2週間無料トライアル実施中 税込1,026円⇒0円 /

無料体験はこちらから

無料期間中の解約はいつでもOK

----------------------------------------------------------------------
本ページの情報は21年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

読んでほしい記事

-アニメ, ヒロアカ5期

© 2021 animercy アニメルシー