アニメ ヒロアカ5期

【ヒロアカ104話5期16話動画】感想(ネタバレ)まとめ!『お久しぶりですセルキーさん』

 

 

この記事では、【ヒロアカ】第104話【お久しぶりですセルキーさん】の感想あらすじとネタバレをご紹介していきます。

 

【ヒロアカ】の動画を全話見る

Huluに登録

初回2週間無料

【ヒロアカ】1期2期3期4期1話から最新話まで無料で動画が見放題

2週間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

2週間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 2週間無料トライアル実施中 税込1,026円⇒0円 /

無料体験はこちらから

無料期間中の解約はいつでもOK

----------------------------------------------------------------------

 

 

ヒロアカ104話『お久しぶりですセルキーさん』あらすじ

 

 

デクたちと同じく、お茶子と梅雨ちゃんもねじれと共にリューキュウ事務所にインターンへ!
そこへ、以前梅雨ちゃんが職場体験でお世話になった海難ヒーロー・セルキーからチームアップの要請が…!
引用:公式

 

 

【ヒロアカ】第104話 ネタバレ

 

 

 

雄英高校一同、それぞれがインターン活動に励んでいた。

緑谷出久、爆豪勝己、轟焦凍はNo1ヒーローであるエンデヴァーの元で。

峰田実、上鳴電気、瀬呂範太、塩崎茨らはチームラーカーズ。

切島鋭児郎、鉄哲徹鐵、天喰環らはファットガムと、それぞれがインターン先で精を出していた。

『リューキュウ事務所へ行っている麗日お茶子や蛙吹梅雨も大変だろう』と自分ら同様TOP10に入る事務所へのインターンで、さぞかし苦労を重ねているだろうという緑谷の思いとは裏腹に、麗日達は意外にも和気あいあいとした雰囲気で歓待を受けていたのだった。

 

 

リューキュウ事務所で麗日が新コスチュームの初お披露目をすると、同じく雄英からインターンに来ていた波動ねじれはもちろん、所長のリューキュウやそのサイドキックも拍手でその出来映えを褒めてくれ、とても和やかに迎えられていた。

波動はコスチュームを変えた理由が気になったようで麗日に尋ね、麗日もコスチューム新調に繋がった心の変化は『何が切っ掛けだったか?』と思い返す。

するとその想いの切っ掛けとなった『暴走した緑谷を助けるために抱きついた事』を思い出し、顔を真っ赤にして「なっ内緒です!」とはぐらかす。

だが赤面する麗日の様子に、波動はさらに興味を深めたようだった。

そんなほのぼのとした雰囲気の中、歓迎会と称してインターン生たちに色とりどりのお菓子やジュースを振る舞うリューキュウ達。

緑谷が想像するより、麗日や蛙吹らはインターン活動を楽しんでいるようだった。

 

 

カフリン国の山火事は違法薬物『トリガー』の密造工場で起きたものだと報道するテレビニュースをリューキュウ事務所で見る一同。

トリガーはかつて問題が取りざたされた『ブースト』と同じく個性を何倍にも高める薬物で、どちらも日本国内で多く出回っているとリューキュウは語る。

しかし工場爆発前にはトリガーは全て無くなっていたらしいという報告をサイドキックは話し『爆発前に既に何者かの手によって盗み出されていたのでは?』という噂も流れていると続けた。

それを聞き『爆発は証拠隠滅と捜査攪乱が目的なのでは?』と推理するリューキュウ。

 

 

その頃、海上パトロールを担うゴマフアザラシの個性を持つプロヒーローのセルキーは、何かを運ぶ船籍不明の船を追いかけていた。

再三の停止命令を出すも相手の船は止まる様子を見せない。

だがその膠着を破るように一人の人間が、運ぶ荷の上に立つのが見えた。

彼は自らに何かを注入すると、個性を発動。

レーダーを無効化するチャフ入りの煙幕が辺りに撒かれ、セルキー達は相手の船を見失ってしまった。

ただ相手がトリガーらしき薬物を使ったこと、ニュースで話題になっているカフリン国方面から来た事から、薬品工場から持ち出したトリガーやその原料を運んでいるのではとセルキーは推測する。

複数の島がある海域だけに、船だけで見失った相手を探すのは困難だと、セルキーは空から捜索できるヒーローが必要だと判断。

かくして白羽の矢が立ったのは、チャート10位で現在麗日らを受け入れているドラグーンヒーロー『リューキュウ』だった。

 

 

チームアップ要請を受けたリューキュウ事務所。

リューキュウはかつてセルキーの職場体験をしていた蛙吹を含め、麗日や波動も出動メンバーとして組み入れるのだった。

太平洋の緑津諸島に集まったセルキーとリューキュウ事務所の一同。

久しぶりの再開に、インターン活動が出来るまでになった蛙吹の成長を喜ぶセルキーとシリウス。

そしてセルキーからチームアップ依頼したリューキュウ事務所の一同へ、最初の指示が下される。

その指示は意外にも『ビーチで英気を養う事』だった。

 

 

水着に着替え浜辺で楽しそうに遊ぶ麗日、蛙吹、波動、シリウス。

リューキュウがセルキーに意図を問えば『敵が動き出すのは間違いなく夜であるだろう事』『平和である事を実際に肌で感じ、それを守りたいと思う意思を高める』のが目的という事らしい。

充分英気を養った一同は日が暮れ始める頃に港に集まり、リューキュウと波動は空へ、麗日と蛙吹はセルキーの船に乗って出発する。

その後セルキーはサイドキックのシリウスに通信を任せ、蛙吹と共に海中からの捜索を開始する。

 

 

ゴマフアザラシのように舌打ちをソナーのように使って目的の船を探すセルキー。

空中・海上・海中からの捜索を続けるうち、セルキーらがそれらしき船を発見。

舌打ちの高周波を使った通信を受信したシリウスは、密輸船を追い詰めるためリューキュウと波動も目的の海域へ向かうよう指示を出す。

密輸船も空と海上から何者かが近づいてくるのを察知し、先日と同じように煙幕を展開して逃走しようと試みた。

だがその展開は予想済みだった。

煙幕の影響が無い海中から、セルキーと蛙吹が目的の密輸船に乗り込む。

視界が奪われている船上でもセルキーは舌打ちソナーで相手の居場所を探知し、素早く煙幕発生源の男を倒して無力化する。

蛙吹に倒した男の見張りを頼むと、船の構造をソナーで把握したセルキーは操舵室へ向かい、つつがなく制圧に完了する。

 

 

だがその時、密輸船が曳航していた荷物…『水上離陸が可能な飛行機』に乗り込んだヴィランが積荷と共に逃亡を始めた。

蛙吹が舌を伸ばして飛行機に取り付こうとするも失敗。

リューキュウが速度全開で追いかけるも、軽飛行機の加速には追いつけそうになかった。

だが海上からヴィラン達を追っていたシリウスは、捕鯨砲の様な物で麗日を射出。

銛先が飛行機に近づいたところで麗日が新装備のアンカーを使い、飛行機に乗り込みガンヘッド直伝のマーシャルアーツで操縦していたヴィランを無力化する事に成功する。

 

 

だが操縦などした事のない麗日には、どうやって飛行機を止めたらいいかが分からず、飛行機は失速を始めてしまう。

セルキーの指示から操縦桿を引いて再浮上を試みるも、速度が落ちていたためか揚力が足りず降下が止まらない

リューキュウから飛行機の無重力化を提案されるが、『自分の今の力では重すぎて無理だ』と返す麗日。

だが「諦めるのか?」と問われると、麗日は先日の経験から「諦めません」と答え、覚悟を決めて無重力化を試みる。

 

 

ねじれの波動の助けもあり飛行機の重量軽減に成功。

リューキュウの力で飛行機を水上に軟着陸させる事が出来、積荷を海にばらまいて海洋汚染をする事なくヴィランの野望を防ぐ事が出来た。

だが限界以上の力を使った麗日は、久々にその代償(気分が悪くなっての嘔吐)を支払う事となった。

捕まえた人間達はどうやらただの運び屋だったようで、薬の出自や依頼人に関する情報を得る事は出来なかった。

唯一分かったのはヨーロッパのオセオン国に向かっていたらしいという事だけ。

そして今回の件、裏で糸を引いていたフレクト・ターンなる者が『人類の救済』を企てているとは、この時はまだ誰も知らなかった

 

 

 

【ヒロアカ】第104話 感想

コスチューム変更の理由を波動ねじれに問われ、顔を真っ赤にする麗日お茶子が可愛かったです。

そしてここにきてまさかの水着回。

僕のヒーローアカデミアでもっとも期待していない演出だったので、意外すぎて喜ぶ心の準備さえ整えられませんでした。

普通のアニメなら水着回はそれなりに嬉しいのですが、ヒロアカに関しては前述の麗日が赤面するシーンの方が個人的な満足度は高かったです。

でも今回の作画スタッフが、船の出航描写とかよりも水着シーンに力を注いでいたのは伝わりました。

いや…もちろん麗日の活躍場面にも注力していたのにも気づきましたよ?

ただ飛行機に乗り込んだは良いものの、無重力の個性を指摘されるまで使わなかったのは意外に思いました。

乗り込む直前に『考えなしに飛び込んじゃ駄目だ』と麗日は強く思っていたのですから、嘔吐してでも飛行機に無重力化を試す算段や覚悟もあると思っていたのですが…。

あとチャフはレーダー(電磁波)には有効だけれど、ソナー(音波)の無効化は(アニメの中でも)出来ないみたいだったので『最初からセルキーがアクティブソナーで探知すれば密輸船を逃がす事は無かったのでは?』とこの文を書き終える頃に気づきました

 

 

ヒロアカ105話 展開予想

『地獄の轟くん家』

この次回のサブタイトルを見た瞬間に、轟家に招かれた緑谷・爆豪がエンデヴァーと家族の軋轢や微妙な空気感を目の当たりにし、いたたまれなくなる様子が目に浮かびました。

ギスギスした空気の漂う家…そりゃ招かれた側にとっては地獄以外の何物でもないでしょう。

轟にとっては日常でしょうし、あまり感情を表に出すタイプではないので淡々と友達をもてなすのでしょうが、あまりの酷さに爆豪が轟に同情する場面すらあるのではと予想しています。

かといって本当に深刻な雰囲気になるのはこのアニメには似合わないので、適度に笑いを挟みながら『どうしてこんな状況になったのか?』といういきさつなどの、おさらい&説明回になるのではないでしょうか?

そういえば新エンディングに幼少期のホークスとエンデヴァーが重なって映っていたことから、ホークスがエンデヴァーに心酔する切っ掛けみたいなお話も、今後挟まれるのではないかと予想しています

 

 

まとめ

 

以上が、【ヒロアカ】第104話のあらすじとネタバレでした。

お読みいただきありがとうございます。

最後に簡単に動画を見る方法をまとめましたのでご覧ください。

【ヒロアカ】の動画を全話見る

Huluに登録

初回2週間無料

【ヒロアカ】1期2期3期4期1話から最新話まで無料で動画が見放題

2週間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

2週間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 2週間無料トライアル実施中 税込1,026円⇒0円 /

無料体験はこちらから

無料期間中の解約はいつでもOK

読んでほしい記事

-アニメ, ヒロアカ5期

© 2021 animercy アニメルシー