アニメ フルーツバスケット

【フルーツバスケット3期8話】考察ネタバレ感想。心変わり?くつがえった約束・・『そんなん・・・幻滅だ・・・』

どんなことがあっても幻滅しない・・・

確かに俺はそう言った。

でもそれは俺がお前を好きだから‥・

好かれようとなんて思っていなかった

こんな過去を持つ俺を好きだなんて‥お前が可哀相だ・・・

 

【フルバ3期】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初月31日間無料

フルバ3期】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

【フルバ3期】の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

 

 

フルーツバスケット3期8話 『そんなん・・・幻滅だ・・・』

 

 

 

透は話があると夾を呼び止める。

ところが夾も聞きたいことがあると言い、とある質問をする。

が、その反応に嫌な予感が的中したと感じてその場を去る。

追いかける透に、今日子のことを知っていたと語る夾。

藉真に引き取られて間もない頃、2人は出会った。

度々会う内に今日子から自身のこと、そして透のことを聞いて……。


参考:公式

 

 

フルーツバスケット3期8話 『そんなん・・・幻滅だ・・・』 あらすじ

雨の降りしきる中出かけようとする夾に、透が『話がある』と呼び止めた。

今までの心の中に溜まっていたモヤモヤを晴らすため、そしてケジメをつけるために透が話を始める前に夾は問う。

お前、俺のことが好きなのか?

その言葉の返事は透の顔を見れば一目瞭然だった。

透は出会った頃は『母親が一番』だと言っていた。

それは嘘なのか、全部無しだという事か?責めるように夾は透に言葉を投げつける。

返事が出来ずにいる透に『やってらんねぇ』と捨て台詞を吐いて、夾は家を出たのだった。

後悔

家を出た夾の心は後悔しかなかった。

自分に残された時間透の側にいたいと願った。

その事が今になって悔やまれてならないのだ。

傘もささずに歩く夾を透は追いかける。

聞いて欲しいと肩に触れようとした瞬間、夾は声を荒げて透に言った。

何も知らないくせに!!

自分にあった過去を知らないで好きになってしまっている透のことが『可哀相』だと思う。

贖罪の心に似た気持ちで、夾は透に話をするのだった。

今日子のと出会い

夾が藉真に引き取られた当時、学校から素直に家に帰ることに気が引けたので、フラフラしていた。

空地で時間をつぶしていると、話しかけてくる女性がいた。

今日子だった。

オレンジ色の夾の髪に惹かれ、声を掛けてきた今日子だったが、夾が悪態をついても笑って流す。

夕方になる時間帯だから親が心配すると言う今日子に対して、母親は死んで父親は自分の死を望むような存在だと言ってのけた。

子供のいう事だからと流さず、今日子は夾の頭に手を置き『寂しいね』と心を寄せる。

職場が近くにあると言う今日子は、そんな夾に『またおいで』と居場所を提供したのだ。

それから夾は度々今日子に会いに行った。

そこで色々な話を聞いたのだった。

本田今日子の話、本田勝也の話、そして透の話もだ。

宝物だと見せられた写真の中の子は、幸せそうに笑っていた。

どんな声で笑うのかと夾も興味を持つ。

ある日、辺りも暗くなった時間に夾が歩いていると、今日子がいた。

透が帰宅していないと言うのだ。

探したけれど見つからないと泣く今日子に、自分が見つけると言う夾。

『男の約束』だと今日子と拳を合わせて、夾は走り出した。

探せど探せど透は見つからない。

朝陽が辺りを照らしても夾は走り続けた。

その時今日子が夾を見つけて声を掛ける。

見つかったと言う今日子の手には子供用の帽子があった。

見つけてくれた子がかぶっていた帽子だと言う『それ』は、夾が自分で選び藉真に購入してもらったもので、由希の手に渡ったものだ。

自分が助けようとしたのに、それすら由希に奪われてしまった怒りで、今日子に由希を『嫌な奴』だと言った。

夾から見れば、由希は何でも持っている。

それなのに由希に全部奪われていくような気がしていた。

憎くてたまらなかった。

その時今日子から『嫌な奴がいてくれないと自分が困る』と心を見透かされたようなことを言われる。

図星であったため、今日子を『裏切り者』だと突き飛ばして去ろうとする夾。

そんな彼に今日子は『約束はツケ』だと笑って言ったのだった。

そこから夾は今日子に会いに行くのを辞めたのだった。

告白

子供の時からずっと会っていなかった今日子だが、再会した時夾には一目で彼女だとわかった。

声を掛けようかと思ったが、何と言えばいいのかわからない。

その時一台の暴走した車がこちらに走ってきたのだ。

周りが逃げる中、今日子はその車の存在には気づいていない。

夾は今日子を助けようと手を伸ばした。

しかし彼女を掴んで引き寄せてしまうと、猫になって正体がバレてしまう。

結果夾は『見殺し』にしてしまうのだった。

車に跳ねられて高く飛ぶ今日子・・・自分さえ抱きとめていれば今日子は死なずに済んだのだ。

自分と今日子の命を天秤にかけて自分を選んだと懺悔する。

夾の母親も事故によって死んだ。

夾はずっと彼女たちの死は自分のせいだと思っていた。

自分のせいじゃないと主張し続けていたが、心の奥底では自分が原因であることは理解していた。

しかし気持ちに蓋をしたのだ。

夾は透に今日子の死の時の話を続ける。

血だまりの中、倒れている今日子は『許さない』と言った。

夾にはそう聞こえたのだ。

憎まねば生きられなかった

今日子の死から夾の心は動かなかった。

そんな彼を生かそうと、藉真は夾と山で過ごす。

修行などしていたわけではなく、ただ過ごしただけだった。

自分は死ぬしかないという気持ちでいっぱいの夾は、由希を憎むことにしたのだ。

夾の全てを奪っていく存在でなくてはならない。

そうして生きる目的を見出した夾は、慊人とも賭けをすることとなった。

高校卒業までに由希に勝てたら化け物呼ばわりしないで十二支の仲間に入れてあげる

仲間に入れることはどうでも良かったが、憎む理由が増えたことが夾にとっては嬉しかった。

そうして紫呉の家に来た日、夾は透の会うこととなったのだ。

出会いまでの経緯を説明した夾は、更に続ける。

自分で自分を許せない

許したくもない

透にも許されたくない

そこまで言うと、ずっと黙って聞いていた透が口を開いた。

許さないと言わなければいけないのか?と。

許すとか許さないという選択しかできないこと、母親が『許さない』と言ったという事実が信じられないこと・・。

もしも本当に言ったのならば、母親に反抗せざるを得ないと透は言い切った。

いつしか夜が明け、何やら気配を感じた由希は玄関先に降りてくる。

母親に反抗せざるを得ないとまで言わなければ夾を好きだと思う気持ちは認めてもらえないのかと、透は叫んだところだった。

涙を浮かべ必死に訴える透に夾は言った。

幻滅だ

何があっても幻滅しない、今日子の命日に夾が言った言葉だ。

その言葉が覆った瞬間だった。

心と体が凍り付いたような気がした透は、その場から動けないでいる。

透の前から姿を消した夾を追いかけ、由希は家から飛び出した。

由希は透に言えの中に入るように促し、夾の後を追う。

茫然と立ち尽くす透。

そんな彼女の元に、本家から飛び出してきた慊人が、刃物を手に現れるのだった―――。

 

フルーツバスケット3期8話 『そんなん、幻滅だ・・・』 感想

3回程叫びましたね。

夾の馬鹿!って(笑)。

これから先の展開を知っている私でも叫ぶのですから、初見の方はそれはもう耐えられない事でしょう…。

今回は30分に感じられないくらい短く感じました。

そして、今回の話は原作に本当に忠実に作られています。

せっかく透が夾への想いを露わにした瞬間なのに!夾も透のことが好きなのに!両想いなのに!!

そんな気持ちがあふれ出て、叫ばずにいられなかった回です。

由希が夾を追いかけるのですが、家の前の石段を降りたところで夾は左に曲がりましたが、迷った挙句に由希は右に行きました。

・・・お約束ですよね。

ここからは本当に1週間待つには苦しい程次を欲する気持ちが高くなります。

だって、ずぶ濡れの透にこれからどういう展開が待っているのか!?展開を知っていてもアニメで観たい思うじゃないですか(笑)。

なので、モヤモヤしながら来週まで待ちたいと思います。

今回のお勧めは…オープニングのこのワンカットです。

 

フルーツバスケット3期9話  展開予想

次回のタイトルは『貴方の・・・お名前は?』です。

これは、今回の続きですので、透が慊人と対峙する場面となります。

夾から幻滅だと言葉を受け、傷心の透ですがこれから慊人に感情をぶつけられることでしょう。

かなり見応えのある回だと思います。

怒り・悲しみ・慈しみ・・・様々な感情が交差していくと思いますので、本当に楽しみです。

これ以上は楽しみにしている方へネタバレになってしまうので、予告のネタバレはやめておきますね(笑)。

次回もまたよろしくお願いします!!

 

 

 

フルーツバスケット登場人物

 

 

本田 透-Honda Toru-

本作品の主人公

素直で前向きな性格だが、かなりの天然。

ひょんなことから紫呉の家に居候することとなり、草摩家の秘密を知ってしまうこととなる。

花島 咲-Hanajima Saki-

透の親友

人の電波を受信できてしまうという特殊な能力を持っている不思議系。

透ラブは言うまでもない。

魚谷 ありさ-Uotani Arisa-

透の親友

かつて透の母親に世話になった元ヤンキー。

草摩紅野のことが好き。

草摩 夾-Soma Kyou-

草摩家の猫憑き

十二支の仲間になれず、草摩一族から蔑まれている。

草摩由希に対して敵対心を持っており、透に対しては・・・・・。

草摩 由希-Soma Yuki-

子年

学校では王子様的存在で、ファンクラブまである。

草摩一族への反発心から、家を飛び出して紫呉の家で同居している。

草摩 紫呉-Soma Shigure-

戌年

十二支の中では年長にあたるので、保護者的位置にいる小説家

透・由希・夾と共に同居しているが、何か画策しているのような素振りを時々見せている。

草摩 潑春-Soma Hatsuharu-

丑年

何を考えているか時々わからなくなる程、マイペースな性格。

たまに発言することは言い得て妙。

草摩 紅葉-Soma Momizi-

卯年

母親との悲しい過去があり、家族と離れて暮らしている。

透のこととバイオリンが大好きな可愛い男の子。

草摩 綾女-Soma Ayame-

巳年

由希の兄でかなりのブラコンだが、彼に対して後ろめたく思う過去を持つ。

そのせいで由希との距離が出来てしまっていたが、最近由希の方から歩み寄ってきてくれている。

草摩 楽羅-Soma Kagura-

亥年

イノシシならではの猪突猛進を時折見せる夾ラブな女の子。

かなりの怪力。

草摩 燈路-Soma Hiro-

未年

言葉使いが悪く、周りに多々誤解される言動をする。

杞紗のことが好き故に、仲のいい透への嫉妬は隠せない。

草摩 杞紗-Soma Kisa-

寅年

内気な性格から、一時期話が出来なくなってしまう。

透と出会い、少しずつ勇気を出せるようになった。

草摩 利津-Soma Ritsu-

申年

普段は女性の格好をしているが、実は男性。

気弱な性格で、よく紫呉にからかわれる。

草摩 依鈴-Soma Isuzu-

午年

潑春のことが大好きなツンデレ属性。

十二支の呪いを解くために、一人孤独な闘いをしている。

草摩 紅野-Soma Kureno-

酉年

すでに十二支の呪いは解けているのだが、その事を草摩家でも慊人以外知らない。

自らを殺し、慊人の側に寄り添っている。

草摩 はとり-Soma Hatori-

辰年(変身すると龍ではなくタツノオトシゴ)。

紫呉と綾女と同じ歳で、草摩家の主治医をしている。

沈着冷静な為、冷たい印象を持たれがちだが本当は優しい。

草摩 慊人-Soma Akito-

草摩家当主で、十二支の中では神様

十二支の『絆』を何よりも重んじる草摩家の中で育った為、常識が少しずれている。

見た目も言動も男性なのだが、そう育てられた女性

 

【フルバ3期】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初月31日間無料

フルバ3期】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

【フルバ3期】の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

 

読んでほしい記事

-アニメ, フルーツバスケット

© 2021 animercy アニメルシー