アニメ フルーツバスケット

【フルーツバスケット3期11話】考察ネタバレ感想。遠い昔の約束との別れ・・『さようなら』

自分の気持ちを勝手に懺悔してお前を傷つけた

だけど最後のチャンスが欲しい

お前と生きていきたい 

お前じゃないと嫌だ

・・・好きだから

【フルバ3期】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初月31日間無料

フルバ3期】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

【フルバ3期】の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

 

 

フルーツバスケット3期11話 『さようなら』

 

 

退院した透は、夾を前にしてつい逃げ出してしまう。

会ったら笑おうと決めていたのに。

うじうじ引き摺らないように、皆を、夾を困らせないようにと笑う特訓までしていたのに、涙があふれて止まらない。

しかし、夾の口から発せられた「一緒にいたい」という言葉が、透を、夾を無敵にする。

それは約束の終わりを意味していた。


参考:公式

 

 

フルーツバスケット3期11話 『さようなら』 あらすじ

透が退院の手続等を終え、ありさと咲の元へ歩いた。

先に出ていたありさは何かに気付き、指をさしながら『お出迎え』と言っている。

ありさの指す方向に視線を動かすと、そこに立っているのは夾だった。

一瞬の間があり、透は脱兎の如くその場から走り去る。

もう一度会った時には笑おうと心に決めていた。

しかし透の足は勝手に走ってしまっている。

混乱しつつ走る透の行く手を遮るものがいた。

夾だ。

立ち止まった透。

しかし夾の姿を見ていると自然に再び足が動く。

今度はそのまま後ずさりしていってしまった。

周りから『振られた』という視線に、いたたまれない夾だ・・・。

それでも

走り続ける透。

夾に会えない時間は大丈夫だと思っていた。

けれども目の前にしてしまうと、自分の役目は終わりもう何も彼の為にできることはないのだという絶望感が押し寄せてきてしまう。

入院中も、由希がふと夾の話題を振った瞬間に自然と涙が止まらなくなってしまっていた。

『幻滅だ』と言われてしまった時のような心が凍るような悲しみに襲われてしまうのだ。

こんな自分は大事な友人達‥そして夾も困らせてしまう。

意を決して『大丈夫』なように自分を言い聞かせた、もう一度夾と会った時には笑おうと決めていたのだ。

しかし出来なかった‥。

走りつかれた透は腰を掛け、落ち込んでいた。

目の前に夾が立っている。

彼の姿を見るだけで『隣にいたい』と思ってしまう自分がいた。

それが出来ないことが悲しくて涙が溢れてくるのだ。

夾が透の方に歩いてくる。

何とか泣き止もうと顔をバシバシ叩く。

嫌われたくない‥困らせたくない‥何よりこれ以上幻滅されたくないという思いで必死だった。

その手を夾は掴む。

透の目の前に跪いて話を始めた―――。

ごめん

自分の懺悔をして言いたいことを言って透の気持ちを無視してしまった‥そう夾は言う。

そうして傷つけたことを謝れないで二度と会えなくなることもあるのだという事を自分は知っていたのにしてしまった愚かさを悔いたと。

そして夾は『ごめん』と言った。

たくさん泣かせた。

けれどもこれが最後だから‥二度は無くていいと付け加え、最後のチャンスが欲しいと夾は言う。

お前と一緒に居たい

これから生きていくならお前と一緒じゃなきゃ嫌だ

夾は真っ直ぐな瞳で透に告げた。

透は驚いた様子で尋ねる。

隣にいてもいいのか、手をつなぎ一緒に歩いてもいいのか‥と。

その言葉にクスリと笑う夾。

もう手は繋いでいた。

嬉しさのあまり泣き出す透。

彼女の涙を拭い、夾は静かに透にキスをするのだった。

目を見開いたままの透に、照れくさそうに『2度目だから』と断りを入れる。

透の慌て方を見るに、あの時のことはやはり覚えていないようだった。

自力で思い出してくれないと寂しいと言いながら、夾は透の手を取り立たせた。

お前がいるから

立ち上がり、夾の瞳を真っ直ぐに見る透。

そんな透に夾は抱きしめてもいいかと少し切なげに聞いてきた。

透を抱きしめてしまえばすぐに猫になってしまう。

一緒に居るという事はそういうことだ。

しかし透は笑顔で『夾君が大好き』だから『無敵』なのだと言う。

その顔に迷いは一つもなかった。

そんな透の様子を見ていると、夾自身も無敵な気持ちになる。

透がいるのだから‥そう笑うと夾は透を抱きしめるのだった―――。

とうとう

抱き合い、お互いの自分たちの気持ちに満足する二人。

しかし‥きつく抱きしめても夾の体に変化はなかった。

夾は何かを感じた。

そう、遠い昔に交わした『不変』の約束。

その絆の糸が切れた瞬間だった。

夾は思い立ったように左手にはめられた数珠を引きちぎるのだった―――。

妬ましかった

慊人が透の病室に来た時に、『妬ましかった』と言った。

透が自分よりもずっと綺麗だからだというと、透はその言葉を否定した。

『綺麗である』などという言葉で分類して距離を置かれたくないようだった。

自分が綺麗だというのならば、慊人もまた綺麗だと透は言う。

『寂しい』と泣いた慊人は透から見ればとても純真で無垢だった。

そんな慊人が望んでいた世界を透は壊すことを願っている。

どんな形であれ慊人のことを透は傷つけていることに違いはないのだ。

それでも透は慊人と友達になりたいと言った。

あの事故の前に慊人に言った言葉だ。

その言葉に『しつこい』と言った慊人だったが、顔を赤らめていて嫌そうな顔ではなかった。

慊人はそうして彼女との『始まり』を信じたのだ―――。

遠い昔の約束

はるか昔神様がこの世にいた時に交わした約束。

契りの盃を交わし誓った不変。

その約束を否定した猫‥そのため現代まで残った確執だった。

それももう終わりでいいだろう、慊人は本気でそう思った。

父に『特別な子』だと言われ、そうあろうとした。

けれども終わりにしてもいいだろうか。

ただの『慊人』になってもいいだろうか。

神様じゃない自分で生きていくには怖いけれど‥もうしがみつくのはやめにする。

そうして慊人は『遠い昔の約束』と別れたのだった―――。

 

 

 

 

フルーツバスケット3期11話 『さようなら』 感想

今回も神回でしたね。

とうとう夾の呪いが解けました。

何より透と言葉を交わす夾の姿が本当に素敵でした。

慊人もまたとても成長していますね。

心が『人間』として生まれたような感じがして、頑張れと応援したくなってきます。

ネタバレには表現しませんでしたが、遠い昔の約束として十二支が交わした約束の物語がありました。

とても素敵な演出となっておりました。

これは私の語彙力で表現するには力不足であり、是非とも見逃した方には実際に観て頂きたい想いと共に割愛しております。

本当に素敵です。

この物語の要と言っても過言ではない『遠い昔の約束』。

猫憑きが化け物になってしまう理由も、他の十二支と神様の拒絶からなるものだったと私は考えています。

上手く表現できませんが、猫が嫌われてしまう理由があの部分に込められていることは間違いありませんので、是非とも観て頂きたいと思います。

そして慊人が『神の座』を降りることを決意したとたんに、次々と十二支の呪いが解けていきます。

現在の十二支は『呪い』であったものですが、約束を交わした遠い昔は確かにそれは『絆』だったのです。

その絆との別れ‥ひたすらに涙がこぼれ落ちるのは、時を重ねてきたたくさんの想いとの別れでもあったのかもしれませんね。

私はそう思えて仕方がありません。

残すはこれからの彼らの歩みになります、次も素晴らしいと断言できます。

楽しみにしましょう。

今回のお勧めシーンは十二支それぞれの『別れ』です。

 

フルーツバスケット3期12話  展開予想

次回のタイトルは『がんばったね』です。

十二支の呪いが解けた慊人の元へ向かった透。

寂しさを抱えた慊人を抱きしめ共に涙しました。

そこから慊人は前向きに歩き出します。

そして真知に渡したいものがあると会いに行った由希も、別れを迎えます。

そのシーンも当然次回紹介できると思われますので期待していてください!

それぞれが大人になる為に『道を分かつ』‥そのための別れも目前です。

次回もよろしくお願いいたします!!

 

フルーツバスケット登場人物

 

本田 透-Honda Toru-

本作品の主人公

素直で前向きな性格だが、かなりの天然。

ひょんなことから紫呉の家に居候することとなり、草摩家の秘密を知ってしまうこととなる。

花島 咲-Hanajima Saki-

透の親友

人の電波を受信できてしまうという特殊な能力を持っている不思議系。

透ラブは言うまでもない。

魚谷 ありさ-Uotani Arisa-

透の親友

かつて透の母親に世話になった元ヤンキー。

草摩紅野のことが好き。

草摩 夾-Soma Kyou-

草摩家の猫憑き

十二支の仲間になれず、草摩一族から蔑まれている。

草摩由希に対して敵対心を持っており、透に対しては・・・・・。

草摩 由希-Soma Yuki-

子年

学校では王子様的存在で、ファンクラブまである。

草摩一族への反発心から、家を飛び出して紫呉の家で同居している。

草摩 紫呉-Soma Shigure-

戌年

十二支の中では年長にあたるので、保護者的位置にいる小説家

透・由希・夾と共に同居しているが、何か画策しているのような素振りを時々見せている。

草摩 潑春-Soma Hatsuharu-

丑年

何を考えているか時々わからなくなる程、マイペースな性格。

たまに発言することは言い得て妙。

草摩 紅葉-Soma Momizi-

卯年

母親との悲しい過去があり、家族と離れて暮らしている。

透のこととバイオリンが大好きな可愛い男の子。

草摩 綾女-Soma Ayame-

巳年

由希の兄でかなりのブラコンだが、彼に対して後ろめたく思う過去を持つ。

そのせいで由希との距離が出来てしまっていたが、最近由希の方から歩み寄ってきてくれている。

草摩 楽羅-Soma Kagura-

亥年

イノシシならではの猪突猛進を時折見せる夾ラブな女の子。

かなりの怪力。

草摩 燈路-Soma Hiro-

未年

言葉使いが悪く、周りに多々誤解される言動をする。

杞紗のことが好き故に、仲のいい透への嫉妬は隠せない。

草摩 杞紗-Soma Kisa-

寅年

内気な性格から、一時期話が出来なくなってしまう。

透と出会い、少しずつ勇気を出せるようになった。

草摩 利津-Soma Ritsu-

申年

普段は女性の格好をしているが、実は男性。

気弱な性格で、よく紫呉にからかわれる。

草摩 依鈴-Soma Isuzu-

午年

潑春のことが大好きなツンデレ属性。

十二支の呪いを解くために、一人孤独な闘いをしている。

草摩 紅野-Soma Kureno-

酉年

すでに十二支の呪いは解けているのだが、その事を草摩家でも慊人以外知らない。

自らを殺し、慊人の側に寄り添っている。

草摩 はとり-Soma Hatori-

辰年(変身すると龍ではなくタツノオトシゴ)。

紫呉と綾女と同じ歳で、草摩家の主治医をしている。

沈着冷静な為、冷たい印象を持たれがちだが本当は優しい。

草摩 慊人-Soma Akito-

草摩家当主で、十二支の中では神様

十二支の『絆』を何よりも重んじる草摩家の中で育った為、常識が少しずれている。

見た目も言動も男性なのだが、そう育てられた女性

 

 

【フルバ3期】の動画を全話見る

U-NEXTに登録

初月31日間無料

フルバ3期】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料体験実施中 税込2,189円⇒0円 /

【フルバ3期】の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

 

読んでほしい記事

-アニメ, フルーツバスケット

© 2021 animercy アニメルシー