Re:ゼロから始める異世界生活 アニメ

【考察】エミリアが魔女の娘?ロズワールに降伏勧告をする!?リゼロ44話エリオール大森林の永久凍土ネタバレ解説

\ 【Re:ゼロから始める異世界生活】は全話U-NEXTで無料配信 /

配信サービス 配信状況 無料トライアル

月額2189円(税込)

見放題

31日間無料

視聴可

月額960円(税込)

234×60

見放題(地上波同時配信)

2週間無料

視聴可

 

 

この記事には、ネタバレが含まれておりますので、ご注意下さい。

 

今回は「リゼロ44話」「エリオール大森林の永久凍土」を、私の考察と感想を交えながらご紹介させて頂きたいと思います。前回のリゼロでは、フォルトナとジュースがパンドラを倒そうとしましたが、何故か目の前から消えてしまいました。

さらに2人を救おうとしたエミリアが、封印の扉の近くに来てしまいそのことを知ってかパンドラが「アナタは魔女の娘ですもの」とエミリアに言い寄りました。そしてエミリアは封印の扉の鍵を持っているとパンドラは言ったのです。

そんなエミリアの目の前にフォルトナとジュースがパンドラを追いかけてやってきましたが...。

さて3人の運命はどうなってしまうのでしょうか?それでは、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

エミリアが持つ資格とは?

 

パンドラ曰く「エミリアは扉を開けることができる資格がある」とのことですが、どうやらその資格はエミリアが「魔女の娘」ということが大きく関係しているようです。

しかしエミリアは見覚えがなく、パンドラに「知らない」と言いました。しかしパンドラはこの言葉を聞いた瞬間「嘘は良くないですよ」とエミリアに返したのです。これもエミリアが、とある魔女と瓜二つな容姿をしているからです。

そうこの魔女とは、嫉妬の魔女サテラを指している可能性が極めて高いのです。嫉妬の魔女サテラはエミリアと深い関係にあります。そしてスバルとも深い関係にあるのです。

嫉妬の魔女サテラはスバルを何故か昔から知っており、深く愛していました。そして驚くべきことに、エミリアと容姿が瓜二つなのです。しかしスバルからしてみたら嫉妬の魔女サテラとは、彼女の一方的な愛にうんざりしていました。

この2人が謎の関係のように、エミリアとサテラもまた謎が大きく関係しているのです。もしかすると嫉妬の魔女サテラに関わるものが、この封印の扉にあるのかもしれませんね。

 

 

ロズワールの言葉と一致する

 

奇妙なことにパンドラが言った「資格がある」という言葉は、ロズワールもかつてエミリアに「アナタは王になる資格がある」と言われた言葉と全く同じだったのです。ロズワールは「竜」について深く知っているようでした。

この竜もしかすると、封印の扉と関わりがあるのかもしれませんね。そうなるとロズワールは前々から、エミリアに目をつけていたということになります。そもそもエミリアの記憶はパンドラによって封印されていました。

しかし試練を受けたことでエミリアはそのことを思い出し、エキドナと一緒に自分の過去について話をしていました。ここでエミドナについてですが、実は遺跡そのものは自分の為に彼女は作りました。

さらにロズワールと関係があり、ロズワールの目的はエキドナを復活させることです。ロズワールは彼女の信者ですからね。彼女は飽きることのない知識を追い求めていますのでこの試練自体、自分のために行っているのです。そんなエキドナですが、パンドラとも交流があるようなので結構、顔が広いようですね。

しかしエミリアの件に関しては、エキドナが彼女の記憶を蘇らせたとも言えるのです。パックとも彼女は関係があるので、これからエミリアとどう関わってくるのか楽しみに期待しています。

ロズワールの動向も注目していきたいと思います。

 

 

フォルトナを殺してしまったジュース

 

パンドラの事象を入れ替える力によって、ジュースはパンドラを殺してしまいました。その事実を必死に受け入れないように、己に言い聞かせました。フォルトナは虫の息になっており、エミリアと最後の言葉を交わしていました。

その内容は「約束を守ってくれてありがとう」というものでした。エミリアはフォルトナと「扉を開けない」という約束をしていました。実はこの約束、スバルがかつて王都でエミリアとの約束を破ってしまったことに、彼女は悲しみながら激怒していました。

その要因がこのフォルトナとの約束を本能的に、覚えていたためでした。エミリアは約束を破られることが、死ぬほど嫌いな様子でしたがそれはフォルトナに影響されていたことが、今回のお話で分かりました。

その約束を守っていたエミリアに対し、パンドラはフォルトナを殺すことでこの事象自体を無くしたようでした。もちろん、自分の手は汚さずに殺すのがパンドラの手口です。

 

パンドラと共に...

 

エミリアはフォルトナを殺されたため、パンドラを何度も何度も何度も何度も殺してしまいました。その光景はまるで、嫉妬の魔女サテラのような姿でした。世界を半分滅ぼした彼女の強さは、リゼロの世界で3位以内には入ると言われています。

そんな彼女と対になっているエミリアも強大な力をもっており、怒りでパンドラを何度も何度も何度も殺したあとは、エリオール大森林を自分の力で永久凍結させてしまいました。

その結果、エミリアはパックに会うまで自ら作った氷によって長い眠りに入ってしまうのです。そしてジュースは最後、パンドラの一言により壊れてしまいそのまま彼女と一緒に極寒のエリオール大森林から静かに消えていきます。

ジュースはペテルギウスとなり約100年後、エミリアと再会したときは殺し合いをする関係へとなってしまいました。しかし最終的にはスバルによって、殺されてしまいます。

彼は最後までパンドラに、利用されました。

 

 

エミリアの決断とは?

 

全ての記憶を思い出したエミリアは、少し考えながらエキドナの嫌味にも受け答えしていました。このときのエキドナは何故かエミリアに嫌味を言っているにも関わらず、暗い表情をしていました。

そしてこの暗い表情は、先週からしておりもしかしたらこの先、彼女の未来を知っているから暗い表情をしているのではないか?と私は思いました。エキドナは自分に得をするように人を動かすことを得意としていますが、もしかするとエミリアを敵視する理由と関係があるのかもしれませんね。

未来が分かるということは、同時に色々なことを知ってしまうということです。しかし嫌われているはずのエミリアは、エキドナのことを気に入っていました。そのあと彼女と別れたエミリアは、1人泣いていました。

きっと昔の自分だったらあの場で、耐えきれなかったことでしょう。ですがこれからの目的を決めた今のエミリアは、昔より全然強くなっています。これから本格的に王選が始まりますが、エミリアの活躍に期待したいと思います。

 

 

ロズワールに降伏勧告をするスバル

 

場面は変わりエミリアが試練を受けている間、スバルは遺跡の真実をリューズから聞いていました。そしてこの事実をもとにスバルは、再びロズワールのもとを訪れ、降伏勧告を言い渡しました。

この宣言に驚いたロズワールは「何か作戦でもあるのか?」とスバルに問いかけるような表情で見据えていました。しかし既にスバルの近くにはオットー、ガーフィールという最強のカードがいました。

ロズワールはスバルが常に2人が仲間になっていることに驚いているのと同時に、自分が愛用している「福音」の導きと違っていることに、動揺しているようです。今までのスバルとは明らかに違うと思ったロズワールは、本格的に動こうとしていました。

何故ならスバルに、降伏勧告を言い渡されてしまったロズワールは、あとには引けなくなったからでした。はたして黒幕であるロズワールは、この先どんな活躍を私たちに見せてくれるのでしょうか?

 

 

まとめ

今回は「リゼロ44話」「エリオール大森林の永久凍土」を、私の考察と感想を交えながらご紹介させて頂きました。

覚醒したエミリア、ロズワールに降伏勧告をしたスバルですが、波乱の展開が予想できます。

そんな気になる「リゼロ45話」も、楽しみに期待しましょうね。

リゼロ2期の動画を無料で見る

U-NEXTに登録

初回31日間無料

【リゼロ2期】1話から最新話まで無料で動画が見放題

31日間は無料で動画が見放題なので他の作品も無料視聴

31日間過ぎる前に解約・・・これで完全無料!

\ 31日間無料トライアル実施中 税抜1990円⇒0円 /

U-NEXTでリゼロ2期の無料動画を視聴

無料期間中の解約はいつでもOK

読んでほしい記事

-Re:ゼロから始める異世界生活, アニメ

© 2021 animercy アニメルシー